2023年10月18日 (水)みえスペシャル「テレビが伝えた三重」

先日再放送されたみえスペシャル「テレビが伝えた三重」。

NHK津放送局が三重県の皆さんに向けた放送を開始して50年を迎えたことを

記念し、NHKに残っている懐かしい三重の映像を振り返りました。

MicrosoftTeams-imagetsu50.jpg

nhktsu50end.jpg

 

「まるっと!みえ」のスタジオで収録しました。

照明をおしゃれにし、雰囲気がガラッと変わりました!

tsu50long.jpg

 

番組の進行は橋爪秀範アナと私太田磨理。2人とも津市出身です。

tsu50hashimari.jpg

 

なんと私が津まつりに参加させていただいたときの映像も残っていました。

びっくり!!よくぞ探してくださいました(笑)

nhktsu50misstsut.jpgnhktsu502sst.jpg

 

これからも三重のいまをお伝えしていきます。

NHK津放送局をよろしくお願いいたします。

tsu50.jpg

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:11:45 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2023年10月18日 (水)高校生ビリヤードプレーヤー織田賢人さん【太田磨理】

9月の「オータマのもっと会いたい」は

四日市市に住むビリヤードプレーヤー織田賢人さんをご紹介。

0901odakentokun.png

アジア選手権ジュニア部門優勝、

全日本アマチュア選手権で歴代最年少優勝を果たすなど

ビリヤード界に現れた期待の新星です。

 

賢人さんをサポートするのは父の哲央さんです。

4年ほど前にはビリヤード場を開設しました!

0901tetuosan.png

 

 

世界のライバルたちと英語でコミュニケーションをとりたいと

高校では英語の勉強にも力を入れています。

たくさんの応援を受けて賢人くんが目指すのは世界一!!

kentokun0901sekai.png

 

将来は「プロになって世界で活躍したい」と話してくれました。

kentokun0901.jpg

 

次は世界ジュニア選手権に出場予定。

これからの活躍に注目です!

kentokunpapamama.jpg

(左:母の稚加さん)

 

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:11:28 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2023年10月18日 (水)オータマのもっと会いたいin答志島

7月は鳥羽市の離島、答志島へ『TSJ48』に会いに行きました。

0707TSJ48.png

TSJ48は島に明るい話題を届けようと約11年ぶりに結成されたご当地アイドル!

メンバーの年齢は60代から80代!

しばらく活動を休止していましたが、ことし7月7日に復活しました。

0707TSJ48awabi.png

 

不動のセンターは幸代さん!

0707TSJ48C.png

 

新メンバーも加わりました!恵理子さんです。

「老人会に入ったつもりがアイドルだったのでびっくりしたけど

ハッピーです」と話してくれました。

0707TSJ48erikosan.png

 

楽曲は「あわびの歌」。

メンバーの多恵子さんの父が生前に書いた詞。

あわびの稚貝はとらないでというメッセージが込められています。

0707TSJ48taekosan.png

 

リーダーの美和さんは「コロナ禍で元気がなくなってきた答志島に

私たちの元気で活気を取り戻したい」と語ってくれました。

0707TSJ48miwasan.png

 

今後はイベント等に参加して答志島をPRしたいとのこと。

活動が楽しみです!!

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:11:12 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2023年09月29日 (金)【みえDE川柳】 お題:宝

天 端数さえ宝に見えた初任給/福村まこと さん

丹川修先生  なにかと不平不満を感じることが多い世において、この句のようにいつまでも感謝の気持ちを忘れずにいたいものである。確かに、初任給を手にしたときには誰しも感慨深いものがある。しかし、この句は、その気持ちが、「端数さえ」の上5に上手く詰められている。色々な宝の句の中で、初任給の端数までを宝とした作者の目の付け所に感心させられる。従い、迷うことなく〈天の句〉とさせて戴(いただ)いた。

地 ぬか床もリストに入れる形見分け/田舎のマダム さん

丹川修先生 この句には「宝」という言葉は使われていないが、「ぬか床」が、かけがえのない宝物であることは言うまでもない。加えて、下5で「形見分け」と表現したところに、その家庭に脈々と受け継がれた大切な伝統の味であることが、しっかりと伝わってくる。この句も天の句と同様に、目の付け所が何とも素晴らしい。作者の感性に拍手を送りたい。

人 ママチャリの前と後ろに宝もの/スイッチ さん

丹川修先生 お母さん(あるいは お父さん)が自身の前と後ろに幼い我が子を抱えて、自転車で買い物にでも向かっているのでしょうか。そんな姿が、はっきりと目に浮かんでくる。親の子に対する愛情と同時に、力強く生き抜く姿が美しい。ママチャリという質実剛健さが、よりその姿を際立たせている。どうか事故に遭うことなく、二人のお子様がすくすくと育たれることをお祈りする。

 

 

<入選>

宝もの広い世界におまえだけ/谷てる子 さん

大安じゃなくても当たる宝くじ/こまっぴ さん

可も不可もない一日が宝物/あそか さん

宝だと気付かぬままに半世紀/汐海 岬 さん

信じてるうちは宝に違いない/かぐや姫 さん

孫からの肩たたき券宝物/ 1刀両断 さん

見つけられない場所には隠さない宝/河内秀斗さん

二合呑み働く夫は宝物/奥田よし さん

輝きを増して宝が逃げて行く/アーネスト さん

こっぴどく叱ってくれた過去の鬼/夜半亭あぶらー虫  さん

 

丹川修先生 丹川修先生

 選考会には、どのような宝に巡り会えるかと楽しみにして出掛けて参りました。投句者の皆さんは、さすがに手慣れたもので〈宝石、骨董(こっとう)など=宝〉に限定されることなく、それぞれの日常生活(親子,夫婦、友人、恋人など平凡な生活の中にある人々の存在や健康に対する感謝の気持ちなど)を詠った作品(精神的な宝)が数多く見受けられました。その中にあって、いつも言わせてもらっていることですが、意外性の高いものに目を付けた句を評価させていただきました。また、宝くじ、子宝、家宝などの同想の多い句の中でもリズムの良いものやそのテーマの捉え方において特異性の高い句を入選といたしました。たくさんの楽しいご投句を戴(いただ)き誠にありがとうございました。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2023年09月13日 (水)【旬食!みえ】いちじくのコンポート・アイスクリーム

料理監修:三重調理専門学校

ichijiku.jpg



<いちじくのコンポート>

《材料》4個分

いちじく      4個

白ワイン      200ml

グラニュー糖    100g

 

<作り方>

①    鍋に白ワイン、グラニュー糖を入れて加熱。
②    沸騰してきたら皮がついたままのいちじくを加え、弱火で5分ほど煮る。
③    皮の表面がしんなりしてきたら、粗熱を取って冷ます。
④    冷蔵庫で一晩冷やして、甘みをしっかり含ませたら完成。

 

  

<いちじくのアイスクリーム>

《材料》4人分

いちじく      4個

生クリーム     200ml

グラニュー糖    80g

 

 <作り方>

①    皮をむいたいちじくをミキサーに入れ、ペースト状になるまで混ぜる。
②    ボウルにグラニュー糖、生クリームを入れ、ハンドミキサーで泡立てる。
③    ②にいちじくのペーストを加え、波のような筋が立つまで混ぜ合わせる。
④    2時間ほど冷凍庫で冷やし、アイスが完全に凍る前に取り出してほぐす。
   ほぐすことで、なめらかなアイスクリームに!
⑤    半日冷やせば出来上がり。

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:10:37 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2023年08月25日 (金)【みえDE川柳】 お題:浴びる

天 紫外線浴びて日焼けをする案山子/アカエタカ さん

  橋倉久美子先生昔は「夏に日焼けをすると、冬に風邪をひかなくなる」などと言われ、子どもは真っ黒な日焼けを褒められた。現在では日焼けの害も言われるようになり、子どもたちも日焼け止めや肌を覆う水着を使用するようになってきている。とはいえこれはあくまでも人間の話。
この句は、最後に主人公が「案山子(かかし)」であることが明かされたとたん、日を遮るものもない田んぼの真ん中に一日中立ち尽くす姿が一気に目に浮かぶ。紫外線を浴び放題に浴びながら、仕事をしているのである。

地 日光を浴びせすぎても枯れる花/河内秀斗さん

 橋倉久美子先生水のやりすぎならわかるが、日光の浴びすぎも植物にとってよくないのか?と、一読したときは疑問に思った。しかし晴天の多かったこの夏、我が家ではインゲンの花が落ちて実にならなかったり、朝顔が8月後半になってようやく咲き始めたりした。詳しいメカニズムは知らないが、やはり雨が降らず日を浴びてばかりだったことが影響したのだろう。
ともすれば教訓的になりそうな内容を、花に具象化し、日光で意外性を持たせることで、うまく詠んでいる。

人 剥製になっても悲鳴浴びる蛇/福村 まこと さん

 橋倉久美子先生蛇が嫌い、苦手という人は多い。毒蛇でなくても、あの姿かたち自体が人間には合わないのだろう。かくして蛇は、たとえ自分が人間に遭遇して驚いたり怖がったりしていても、人間から悲鳴を上げられ、石や棒で攻撃される一生を送る。それどころか、死んで剥製にされてからも、悲鳴を浴びるというのである。
剥製になること自体、蛇にとって本意ではない気がするが、まして悲鳴を浴びるというところに、蛇の悲哀を少々感じてしまう。

 

<入選>

蝉の声朝から浴びている酷暑/ひろりん さん

水よりも氷浴びたい40度/田舎のマダムさん

噴水を浴びる幼児に虹が立ち/だんでらいおん さん

黙祷へ読経のような蝉時雨/岡田孝道 さん

浴びるほどつけたんだけど美容液/ぷいこると さん

正論が批判のシャワー浴びている/なるほどマンさん

脚光を浴びて幾つか嘘がばれ/金子鋭一 さん

クレーマーの叱責浴びるのも仕事/火の鳥 さん

浴びたあと拭かずにおいた褒め言葉/汐海 岬 さん

酒あびていいよと医師の太鼓判/石川照夫 さん

 

橋倉久美子先生 橋倉久美子先生
 412句のご投句をいただきました。
水やシャワー、日差し、酒類、言葉、喝采や脚光、視線など、浴びる「もの」自体は一般的なものが多く、びっくりさせられるようなものはありませんでした。ただ、そこからの発想は様々で、おもしろく思いながら選にあたりました。
思いついたそのままを詠んだのでは川柳としてもの足りないことが多いのですが、かといってあまりに凝り過ぎた表現をすると相手に伝わりません。でき上がった作品を誰かに見てもらい、推敲(すいこう)の参考にするのもよいかと思います。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2023年08月10日 (木)五輪金メダリスト土性沙羅さん【太田磨理】

6月の「オータマのもっと会いたい」は五輪レスリング金メダリスト

土性沙羅さんに会いに行きました。

0609sarasan1.png

ことし3月に現役を引退、4月から地元松阪市の職員に転職されました。

これまで応援される側が応援する側に。

市内で行われるスポーツイベントのPRをはじめ、

沙羅さんにしかできない小中学生を対象にした出前授業を行います。

10609sarasanclass.png

実は沙羅さんも挑戦中。五輪金メダリストですが、人前で話すのが苦手だそう。

自分の挑戦する姿を見て、努力する大切さに気付いてほしいと言います。

0609sarasan3.png

 

出前授業はもちろん、講演会やトークショーでは裏方と出演者の一人二役をこなす

二刀流職員です。「常に笑顔で、地道に頑張ります」と話してくれました。

0609sarasansmile.png

 

12月に行われる県内唯一のフルマラソン「松阪マラソン」のPRにも力を入れています。

市職員としての沙羅さんのご活躍も楽しみです!

06092S.jpg

投稿者:太田磨理 | 投稿時間:15:26 | 太田磨理 |   | 固定リンク


2023年07月19日 (水)【旬食!みえ】かぼちゃのおやき

料理監修:三重調理専門学校

kabochaoyaki.jpg


<かぼちゃのおやき>

 

《材料》4個分

かぼちゃ      1/4個(約300g) 

<生地>

薄力粉       120g
ベーキングパウダー 3g
砂糖        小さじ2
塩         ひとつまみ
お湯        40ml
サラダオイル    大さじ1

 

<具>

塩         少々
こしょう      少々
はちみつ      大さじ1
チーズ(薄切り)  2枚

 

 

<作り方>  

①    かぼちゃの皮と種を取り除き、一口サイズに切る
②    電子レンジで約7分加熱して、裏ごしする
③    薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩を加えて混ぜる
④    ぬるま湯を少しずつ加えながらこね、耳たぶくらいの柔らかさにする
⑤    サラダオイルとかぼちゃ20gを加えて打ち粉をしたまな板の上でこねたら生地の完成
⑥    残りのかぼちゃに塩・こしょう・はちみつを加えて混ぜ、4等分する
⑦    中にチーズを入れて丸めたら具の完成
⑧    作っておいた生地を4等分して広げたら具を包む
⑨    油をひいたフライパンで両面に焦げ目がつくまで焼く
⑩    蒸し器で約10分蒸す

 

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:17:38 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


2023年06月30日 (金)【みえDE川柳】 お題:冷たい

天 すこしだけ冷たいほうがつづく愛/夜半亭あぶらー虫 さん

  橋倉久美子先生なるほど、追えば逃げるのが人間の常、恋愛においても、片方が熱くなりすぎると、もう片方はその分冷めてしまうということか。何事も、冷たい(冷静な)部分を残しておくのが、長続きさせるコツなのかもしれない。「すこしだけ」というところに説得力がある。
難しい言葉は一つもないが、何やら人生の達人めいた句で、おそれいりましたと言いたくなった。

地 最後まで姿勢保てぬ冷奴/アカエタカさん

 橋倉久美子先生豆腐と言えば、その形は四角いのが一般的。特に冷や奴は、隅をきっちりと直角に切るといっそう涼しげに感じられるし、薬味を従えて盛り付けると、安価な割に威風堂々とした風格さえ備えているように見える。
とはいえ、いかんせん柔らかい食べ物の代表ともいえる豆腐である。形を保ったまま食べ終えるなどということはどうやってもできず、薬味と混ぜ合わされ醤油にまみれ、ぐずぐずになって食べられることになるのだ。冷や奴の擬人化が愉快。

人 夕焼けもひんやりとする別れの日/汐海 岬 さん

 橋倉久美子先生夕焼けが「ひんやりとする」という表現に驚かされた。「冷たいもの」を探したとき、いかにも冷たいものや、逆に熱いものを思い浮かべることはできても、赤くて大きくて温かみのある夕焼けはなかなか思いつかないだろう。また、「冷たい」ではなく「ひんやりとする」と言うことで、体全体で冷たさを感じている雰囲気が醸し出されている。
一読したときは失恋の句と受け取ったが、もっと決定的な別れなのかもしれない。夕日の中に、肩を落としてとぼとぼと歩く姿が溶けていく様子を思い浮かべた。

 

 

<入選>

定番はママの得意な冷や奴/谷てる子 さん
ちょっとしたミスに冷たいセルフレジ/かりんとうさん
言い負けておけばよかった冷たい目/あそか さん
遅刻して冷たい汗をかくデート/山吹みどり さん
既読さえ付かなくなった僕の恋/いちかわいさお さん
川遊び大人もはしゃぎたい猛暑/こまっぴ さん
同情はしても身銭は切らぬ主義/西井茜雲 さん
少子化の仕業冷たい滑り台/たちあおいさん
知っている手品冷たく拍手する/福村まこと さん
猫だから客に冷たくしても良いく/戴 けいこ さん

 

橋倉久美子先生 橋倉久美子先生

   402句のご投句をいただきました。
冷や奴、アイスクリームやかき氷、ビールなどの句がやはり目立ちましたが、予想以上にいろいろな「冷たい」ものがあったり、恋愛や人間関係を題材にした句が多かったりして、楽しく選をしました。
一方、中8、下6、あるいは575のリズムを大きく逸脱する句が少なからずあったのは残念でした。声に出して読むことで575のリズムをたしかめたり、時には指折り数えたりしましょう。特に中8、下6については、これぐらいならいいだろうと思わずに、推敲(すいこう)をしてみてください。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:18:50 | 過去の入選作 |   | 固定リンク


2023年06月28日 (水)【旬食!みえ】赤しそのジュース・和菓子

料理監修:三重調理専門学校

syunnshoku.jpg


<赤しそのジュース・和菓子>

 

《材料》

 <赤しそのジュース>

赤しそ     300g
水       1.5リットル
レモン汁    200ml
砂糖      200g
 

 

<赤しその和菓子(8個分)>

赤しそジュース 250ml
粉寒天     4g
砂糖      大さじ2
白あん     160g

 

 

 

<作り方>

■赤しそのジュース

①    赤しそは葉だけを使う。
②    ボールの中で軽く水洗いする。
③    1,5リットルの湯を沸かし、赤しそを入れる。
④    5分ほど煮て、色素を出す。
⑤    煮出した液を、ざるでこす。
⑥    こした液に砂糖を加え、しっかり混ぜる。
⑦    レモン汁を加えて軽く混ぜれば完成。

 

■赤しその和菓子

①    赤しそジュースに粉寒天を加えて火にかける。
②    砂糖を入れてよく混ぜる。
③    バットに移して固める。
④    固まった寒天ゼリーを1センチの角切りにする。
⑤    白あんを丸める。
⑥    ラップの上に寒天ゼリーを広げて白あんをのせ、包んで完成。

 

※「赤しそのジュース」に入れるレモン汁の代わりに重曹を入れると深い緑色が出ます。

投稿者:NHK津放送局 | 投稿時間:17:00 | 旬食みえ レシピ集 |   | 固定リンク


カテゴリー

番組

ブログについて

  • はじめての方へ

RSS