2021年11月29日 (月)「おさんぽ!みえ」大台町のえごま

こんにちは♪ キャスターの高橋美帆です。

11月17日(水)放送の「おさんぽ!みえ」では、

大台町で「えごま」を作られている方々を訪ねました。 

大台町が県内一の生産量を誇るえごまは、シソ科の植物。

実は古くから食用とされたほか、油をとるためにも広く栽培されました。

5.jpg

大台町ではJA多気郡の女性部が中心となって栽培を始め、

4年前に奥伊勢えごま倶楽部(くらぶ)を立ち上げました。

こちらは会長を務める、鈴木惠子さん。

24.jpg

 

刈り取ったえごまは、それぞれの農家が脱穀して

土や石をふるい落とし、風通しの良い場所で干します。

17.jpg

その後、JAの営農センターへ運び、倶楽部のメンバーが共同で作業。

小さいごみも徹底的に取り除き、しっかり乾燥させてから油を搾ります。

22.jpg 14.jpg

抽出された油も厳しくチェック。

酸化が進んでいると風味が落ちるため、数値を測り良いものだけを出荷します。

9.jpg

搾りたての油はそのまま飲めるということで

試飲させていただきました。

シソのような香りがして、サラサラした

口当たりでした。

11.jpg 8.jpg

 

倶楽部では、油のほかにも、えごまの実や葉を使った

お茶なども販売しています。

2.jpg 7.jpg

 

さらに、えごまのおいしさを知ってもらおうと料理も考案しています。

その中心は、倶楽部発足当初からのメンバー、吉田みやこさん。

16.jpg

えごま油や実、葉を使った料理を約60種類も作ったそうです。

3.jpg 4.jpg

 

奥伊勢えごま倶楽部のみなさんは、力を合わせて

質の高いえごまを食卓に届けています。

10.jpg 12.jpg 13.jpg 19.jpg

ご協力いただいたみなさん、ありがとうございました!

 

投稿者:高橋美帆 | 投稿時間:17:35


ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS