2018年12月26日 (水)輝け!四中工サッカー部!

こんにちは! キャスターの足立明里です。

あっという間に年末・・・もうすぐ2018年が終わるだなんて信じられません!

でも、ことしは三重県で働き始めて素敵な出会いがたくさんありました♪

取材を通してお会いした方には、大変お世話になりました。ありがとうございました。

そして、2019年も元気一杯パワフルに頑張りますので、よろしくお願い致します(^○^)!

 

 

さて、25日のまるっとみえで放送した「四日市中央工業高校サッカー部」!

みなさんご存知のとおり、サッカーの名門校ですよね。

指揮をとるのは、これまで30人ものJリーガーを輩出した樋口士郎監督

(部員のみなさんは士郎さんと呼んでいました!!)

yonchuko2.jpeg

監督は、温厚で謙虚な方です。

「五十肩で体のあちこちが痛いんです~」と笑っておっしゃっていましたが、

練習では選手よりも大きな声を出し、練習メニューやプレーを真剣に見ているのが印象的でした!

  

そんな監督、まもなく始まる「全国高校サッカー選手権」を最後に退任することが決まっています。

実は、この選手権への出場がきまったとき、監督は嬉しくて泣いてしまいました。

あの瞬間のことを伺ってみると・・・

「監督人生の中で一番嬉しかった。恥ずかしいですけど、涙が出たのは初めてです」

とおっしゃっていました。

 

というのも、ここ2年間、選手権への出場から遠ざかっていたのです。

四日市中央工業が3年連続で選手権に行けなかったことはこれまでに無いそうで

ことしは何がなんでも全国へ行かなければという強い「プレッシャー」が

監督にも選手にもあったそうです。

それが大事な場面で今一歩力が及ばない原因にもなっていました。

そこで監督は、試行錯誤の日々を送った末、「10か条」を作り、精神面の強化をはかります。

「ピッチの中で下を向かない!」「後ろ向きな言葉を発しない」など、

サッカーに対する前向きな姿勢を徹底しました。

さらにその後の夏休み。例年は砂丘に行って走りこみをしていましたが、

ことしはそれをやめ、関東の強豪校との練習試合を組みました。

結果を残すことで自信をつけさせようという狙いがありましたが、

10か条を胸にのぞんだ全国屈指の強豪を相手に3勝1敗の結果を残しました!!

 選手も、この関東遠征がきっかけとなり、自信をつけ始めたそうです。 

 そして、三重県大会で見事優勝! 全国大会への切符を手にしました。

監督と選手が一丸となって自分たちの課題を追究し、

「名門校復活」という目標に一歩近づいた四日市中央工業サッカー部!

 YONCHUKO1.jpeg

3年生にとっては最初で最後となる全国の舞台ですが、

自分たちのためだけでなく、監督のために戦いたいと話していました。

「士郎さんを喜ばせたい」「士郎さんと一緒に優勝したい」と特別な思いがあるそうです。

  

四日市中央工業の初戦は12月31日・対戦相手は秋田商業高校です!

全国の舞台で輝きますように!!!!

 

投稿者:足立明里 | 投稿時間:16:30


ページの一番上へ▲