野田しほり

2019年05月16日 (木)ちょこっとみえ~直売所・いなべっこ~

こんにちは!

だんだんと夏が近づいてきましたね。

これから熱中症になりやすい季節になりますので、

みなさん体調管理には注意してくださいね!

 

今回のブログは、「ちょこっとみえ」について♪

キャスターが県内の直売所を訪ねるコーナー「おさんぽ!みえ」を担当しました!

ご紹介したのは、いなべ市にある直売所「いなべっこ」。

開店直後からお客さんで大にぎわいでしたよ!

 

店長の伊藤崇裕さんに、

いなべの農産物の魅力を教えていただきました!

inabe2.jpg

伊藤さんによると、

「いなべ市は、鈴鹿山脈のすそ野にひろがり、おいしい水が豊富なため、

 まさに“美食の地”。地域全体で盛り上げている」とのこと!

 

そばやお茶の産地としても有名ですが、いまオススメなのが、いなべ牛。

水や稲ワラなど、地元のものをえさとして与えたブランド牛です。

三重や神戸の品評会で賞を獲得するなど、高く評価されたお肉なんです!

inabe1.jpg

 

このいなべ牛をおいしく食べてもらおうという工夫もしています。

いなべ市は大豆の生産も盛んなことから、

大豆を作る農家のお母さんたちが手作りした味噌を、焼肉のタレにしました。

inabe3.jpg

自慢の食材でいなべを盛り上げようと、地域一丸となって取り組んでいます!

inabe4.jpg

                                                     

そして、もう一つ!

ことし4月から導入した移動販売車「みえきたん号」です!

inabe6.jpg

車には、いなべ牛や調味料など、およそ300種類が積まれます。

高齢化が進む中山間地域へ週5日、曜日ごとにルートを変えて運行。

この日もたくさんのお客さんが、みえきたん号を待ちわびていましたよ♪

 

地域に支えられ、地域を支える。

食を通していなべを元気にする、いなべっこの皆さんに出会えました!

inabe7.jpg

 

みなさんも、ぜひ行ってみてくださいね♪

そして来月もお楽しみに!

投稿者:野田しほり | 投稿時間:10:47 | 野田しほり |   | 固定リンク


2018年11月26日 (月)まるっとトーク★和菓子職人 町野仁英さん

こんにちは!

この時期も花粉による鼻水とくしゃみに苦しんでいる野田です!

 

11月8日(木)のまるっとトークでは、

伊賀市出身の和菓子職人・町野仁英さんをお迎えしました。

素材へのこだわりや、和菓子職人として歩むきっかけ、

地元・伊賀への思いや今後の展望など、たくさんお話をうかがいました。

放送では、三重への思いが溢れているお菓子として、

伊賀忍者の手裏剣型クッキーと、伊賀茶を使ったプリンをご紹介しました。 

 

ほんわかとした語り口調で、優しい人柄がにじみ出ている町野さん。

でもその中に感じる、職人としての力強さ。

そんな町野さんの魅力が、みなさんに伝わるといいなぁという思いでインタビューしました。

いかがでしたか?♪(^^)

 

お菓子にも町野さんの人柄が表れています。

「優しさ」そして「力強さ」。

一見、相反するような2つですが、見事にそれがお菓子に出ているんです!

寒くなってきたこの時期、

温かいお茶と一緒に、和菓子を食べてホッと一息ついてみてはいかがでしょうか♪

 

01.JPG

投稿者:野田しほり | 投稿時間:15:25 | 野田しほり |   | 固定リンク


2018年10月05日 (金)初めての生中継!

こんにちは!ブログ初登場の野田です。

4月に「まるっと!みえ」が始まってから

あっという間に半年あまりが経ちました。

初めてのキャスター、初めてのリポート・・・。

たくさんの「初めて」をこの半年で経験させてもらいました。

そして最近、また「初めて」がありました。生中継に挑戦しました!

 

今回は、県指定の伝統工芸品「伊勢木綿」の反物を作る工場にお邪魔して、

伝統を守り続けようと奮闘する若い世代の方々をご紹介しました。

この中継の動画は、津放送局のHPでもご覧いただけますので、

チェックしていただけると嬉しいです!

(3週間ほどで消えてしまうそうなので、お早めに!)

 

伊勢木綿を織っているのは、今ではこちらの工場だけなんです。

そのため、全国からわざわざ来る方も多いそう。

私が取材に行ったときには、福島県から訪れた方とお会いしました!

こちらでは、伊勢木綿の反物やグッズも購入でき、柄も豊富なため、

自分に合う柄を数時間も悩んで買う人も少なくないそうです!

 

今、伝統を受け継ぐ人がいなくなり存続が危ぶまれるものもあるなか、

伊勢木綿のように、伝統を守るため新たな可能性を探る若い人たちがいることを

今回の中継を通して知っていただけたら嬉しいです。

 

「初めて」の中継、とっても緊張しました!

これからもたくさんの「初めて」に出会うと思いますが、

伊勢木綿の工場で働く皆さんのように、前向きに挑戦していきます!

投稿者:野田しほり | 投稿時間:15:52 | 野田しほり |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲