2022年10月11日

「おさんぽ!みえ」伊賀のひょうたんアート

こんにちは♪キャスターの高橋です。

9月14日(水)放送の「おさんぽ!みえ」では、

伊賀市にあるまちかど博物館を紹介しました。

まちかど博物館とは、個人のコレクションや作品を

自宅などで公開するもので、県内各地にあります。

hyoutan1.jpg

今回訪ねたのは、ひょうたんの博物館。

表面に和紙を貼り付けたものや、

穴を開けてランプにしたものなど、

さまざまな作品が並んでいました。

hyoutan3-1.jpg hyoutan3-2.jpg

 

館長の福森弘二さんは、

10年ほど前からひょうたんアートを作り続けています。

hyoutan4.jpg

 

これまでに手がけた作品、およそ150点を展示して、

8年前に、まちかど博物館の認定を受けました。

hyoutan5.jpg

 

福森さんは、作品に使うひょうたんを自分で育てています。

hyoutan6.jpg

こちらは、大瓢(おおひょう)という品種で、

50センチを超える大きさになることもあるそうです。

 

ひょうたんは8月下旬から9月上旬に収穫して、

10日間ほど水につけておきます。

hyoutan7.jpg

そのあと、中の種や果肉をかき出したら、

3日ほど乾燥させます。

hyoutan8.jpg

同じ形のひょうたんはなかなかできないそうで、 

いびつな形をしたものでも、それが味となって

おもしろい作品に仕上がるといいます。

hyoutan9-1.jpg hyoutan9.jpg

 

ここでは、訪れた人が作品を作ることもできます。

hyoutan10.jpg

私は初心者にもおすすめという、和紙を貼る作業に挑戦!

30分ほどで、かわいいひょうたんアートができました。

hyoutan11.jpg

 

ご協力いただいた福森さん、ありがとうございました!

hyoutan12.jpg

投稿者:高橋美帆 | 投稿時間:15:52 | 高橋美帆 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS