2022年1月21日

ロール巻子さんの飾り巻きずし「鬼」のレシピ公開!

こんにちは!髙木理加です。

今月の「まるっと!トーク」は、

鈴鹿市を中心に、飾り巻きずしの

料理教室を開いているロール巻子さんに

お越しいただきました!

スタジオでは、

節分にぴったりな「鬼」の飾り巻きずしを

作っていただきましたよ~(^^)

そのレシピはこちらです♪

~ロール巻子さん直伝!節分の「鬼」~

7602.JPG

【材料】

おぼろ・・・・20g

青のり・・・・少々

すし飯・・・・270g(30g×9個)

      →5個はおぼろを混ぜる

      →2個は青のりを混ぜる

      →2個はそのまま

山ごぼう・・・1本

ソーセージ・・1/2本

      (半円になるよう縦に切る)

たくあん・・・1/8本or1/6本

      (形は三角柱)

手巻きずし用ののり・・5枚と1/2

※ソーセージ、たくあん、山ごぼうは、

 のりと同じ長さ(約10cm)で用意※

 

【各パーツの作り方】

①まず、のり3枚を用意し、

 2枚をそれぞれ3等分、

 1枚を2等分のサイズに切っておく。

76021.jpg

②3等分したのりのうち2枚で、

 山ごぼうとソーセージを

 それぞれ巻く。(鼻と口)

③3等分したのり、残り4枚には

 青のりを混ぜたすし飯を15gずつ

 広げ、くるくる巻く。(髪の毛×4)

④2等分したのりの1枚で、

 おぼろを混ぜたすし飯30gを巻き、

 縦半分に切る。(目)

⑤2等分したもう一枚で、

 たくあんを巻く。(角)

76022.jpg

 

【巻き方】

①手巻きずし用ののり1枚の上に

 両端を指2本(4cm)ずつあけて、

 おぼろを混ぜたすし飯60gを広げる。

②口になるソーセージ(平らな方が上)を

 中央に、その上に鼻になる山ごぼうを

 のせる。

 鼻の左右を、おぼろを混ぜたすし飯

 15gずつで支える。

③顔全体のバランスを見ながら目をのせる。

④おぼろを混ぜたすし飯30gを

 目の上にかぶせて、丸く巻いたら

 顔の出来上がり。

76023.jpg

 

⑤手巻きずし用ののり1枚と1/2枚を

 つなぎ、中央に顔を置いたら、

 その上に髪の毛を4本のせる。

⑥さらに中央に角をのせ、その左右に

 白いすし飯30gずつを置いて支え

 巻いたら完成☆

76024.jpg

 

作って楽しい、食べておいしい飾り巻きずし

みなさんもぜひ作ってみてくださいね♪

 

投稿者:髙木理加 | 投稿時間:19:28 | 髙木理加 |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲

カテゴリー

番組

RSS