2019年10月31日

おさんぽみえ「県民手帳~松阪もめん~」

年末が近づいてきましたね★

皆さんは来年用の手帳を用意していますか?

10月30日放送の「おさんぽみえ」では、

10月10日に販売が始まった

来年用の「三重県民手帳」の話題をお伝えしました!

blog1.jpg

 

手帳の中には、

県内のイベント情報、市や町のご当地自慢など、

三重県の情報がたっぷり。

blog2.jpg

 

最大の特徴は、

三重県の伝統工芸品「松阪もめん」のカバー♪

blog5.jpg

柄は2種類あります!

おなじみの「藍縞」と、

江戸時代に織られていた縞模様を復元した

「やまもも縞」。

 

カバーに伝統工芸品を最初に用いたのは4年前。

それ以来、気軽に伝統工芸に触れられると

人気が高いんですよ♪

blog6.jpg

 

そこで、今年のカバーを手がけた

明和町にある松阪もめんを織る工場へ!

松阪もめんのシャツがお気に入りだという

社長の西口裕也さん(^^♪

blog7.jpg

今回訪ねた工場は

まちかど博物館(あいぞめの館)にもなっています。

木綿糸を藍で染める作業や

染めた糸を織機で織る様子などを目の前で見学できるほか、

松阪もめんを支える職人さんについての

説明も聞くことができます♪(要予約)

blog8.jpg

 blog10.jpg

blog11.jpg

古くから粋な縞模様が人気を集めた松阪もめん。

“県民手帳をきっかけに、

松阪もめんの魅力が現代にも広く伝わってほしい”という

西口さんや職人さんの思いを感じました。

blog4.jpg

 

県民手帳は1冊税込み1200円で、

三重県内では多くの書店や文具店などで

購入することができますよ★

投稿者:野田しほり | 投稿時間:11:14 | 野田しほり |   | 固定リンク


  • 1

ページの一番上へ▲