3月19日放送「進むミサイル開発 北朝鮮にどう向き合う」

SLBM=潜水艦発射弾道ミサイル

北朝鮮が開発を推進し おととし発射実験に初成功と発表
ことし2月には地上配備型に改良した新型ミサイルを発射
発射の兆候を把握するのが難しく関係国が警戒


THAAD(サード)

アメリカの最新迎撃ミサイルシステム
年内の韓国への配備 今月一部の装備が搬入


6か国協議

北朝鮮の核開発問題を話し合う枠組み
北朝鮮・日本・アメリカ・中国・ロシア・韓国が参加
2008年以降 中断したまま


KEDO(朝鮮半島エネルギー開発機構)

1994年の「米朝枠組み合意」に基づいて設立
北朝鮮の核開発凍結の見返りに軽水炉型原発を建設も
核開発が発覚 軽水炉プロジェクトは2006年に終了


3月12日放送「震災6年 “未来”をどう描く」

グループ補助金

被災した中小企業や商店などが共同で再建を目指す際
費用の4分の3を国や県が補助


ICRP

国際放射線防護委員会 各国の放射線の専門家で構成
被ばく線量の目安を示す


避難指示解除の条件

▼年間の被ばく線量が20ミリシーベルト以下
▼インフラや 医療など生活関連サービスが復旧
▼子どもの生活環境を中心とした十分な除染
▼県・市町村・住民との十分な協議


3月5日放送「論戦白熱 参院幹部に問う」

国際組織犯罪防止条約(TOC条約)

国際的な組織犯罪への協力を強化するための条約
捜査や司法手続きでの法律上の相互援助などを規定
2003年に発効 現在187か国・地域が締結


勤務間インターバル制度

終業時刻と翌日の始業時刻との間に
一定時間の休息を義務づける制度


Page Top