NHK鳥取放送局

さんいんスペシャル 金曜 よる7時30分〜7時55分放送 (月1回程度)

さんいんスペシャル 金曜 よる7時30分〜7時55分放送 (月1回程度)

これまでの放送

これまでの放送

さんいんスペシャル
ごはんがつなぐ みんなの居場所
~鳥取・倉吉~

鳥取県倉吉市の明倫地区にある、「子ども食堂とみんなの居場所 ほっとここ」。
月に2回の営業日には地域の子どもから、家族連れ、1人暮らしの高齢者など地域の人々がこぞって訪れる。
食堂を立ち上げた代表の女性、食べるのが大好きな常連の子どもたち、そして食堂での出会いを楽しみにする80代の女性。
オープンから2年目を迎え、地域のかけがえのない居場所となった食堂を愛する人々のひと夏をみつめる。 

私が作りました!

私が作りました!

NHK鳥取放送局ディレクター柳沢 毬絵
「もうこの街に引っ越して来なよ~!」と声を掛けてもらいながら、子どもたちに遊んでもらいながら、取材しました。ある町のひと夏を、みなさんの地元を思い浮かべながらご覧いただきたいです。

さんいんスペシャル 第1部
輝け!“星取県”
~見上げよう 鳥取の星空~

鳥取の美しい星空を観光・教育・ビジネスに役立てようと「星取県」を売り出し中の鳥取県。鳥取市佐治町での星空キャンペーン開催や、外国人向け星空ツアーの誘致などさまざまな試みが始まっている。番組では宇宙飛行士の毛利衛さんをゲストに迎え、鳥取の星空観光の可能性と課題を考える。さらに長野県阿智村など星空観光先進地での取り組みや、さじアストロパークから夏休みを前に親子で楽しめる星空イベントも紹介する。  

私が作りました!

私が作りました!

NHK鳥取放送局ディレクター結川 真悟
動きだしたばかりの「星取県」の取り組み。行き着く先はどこなのか…。ヒントを求めて、「日本一の星空」をうたう長野県阿智村を取材しました。そこで目にしたのは、真夏にも関わらず観光客で大にぎわいのスキー場。日本中から客を呼び込む、絶景ナイトツアーが行われているのですが…どのような光景かは、番組をご覧ください!
こうした星空観光を打ち出す自治体の中には、成功する地域とそうでない地域の両方があるそうです。その差は、星空の下で繰り広げられる、地域と住民の星空観光にかける熱量の差から生まれるのかもしれません。夏休みが始まる7月20日、親子一緒に、私たちの星取県の未来を考えてみませんか?

さんいんスペシャル 第2部
“観光列車”でGO!

今、空前の観光列車ブームである。
全国にはおよそ120種類の観光列車が走る!「食」や「絶景」、「SLやトロッコ」、「ご当地の文化や伝統」などざまざまな仕掛けが組み込まれた多様性がウリだ。
中国地方でも鳥取と出雲を結ぶ新観光列車「あめつち」が運行開始。車内には因州和紙、石州瓦が装飾され、地域の食材が使われたお弁当やスイーツが旅を演出。
全国から観光客を呼び込める可能性を秘めた「観光列車」の世界を堪能する。 

私が作りました!

私が作りました!

NHK松江放送局記者保科 達郎
観光列車は観光客だけがうれしい乗り物・・・そんなふうに思っていましたが、取材を進める中で観光列車の存在が沿線地域にさまざまな形で活力を与えている現場に出会いました。私が番組内で解説します、お楽しみに!

NHK松江放送局ディレクター天城 亮太郎
7月1日にデビューした観光列車「あめつち」。地域の魅力がふんだんに詰まっています。「瑞風」に「SLやまぐち」、「木次線おろち号」など観光列車は地元の魅力を伝える観光PR大使のような役割も持っています。乗ったら地域のことが詳しくなり、さらなる魅力に気づくこと間違いなし!?放送を見て、夏休みはぜひ鉄道旅に出かけてみてください!

さんいんスペシャル
近藤泰郎のこんなところに城下町!?

あまり知られてはいませんが、江戸時代、鳥取市は鳥取藩32万石の拠点が置かれる「西日本有数の都市」でした。
度重なる災害で歴史を語る建物のほとんどは無くなってしまいましたが、町をよ~く観察すると、意外なところに江戸時代の痕跡がたくさん残っています!
NHK鳥取局に通算7年間在籍する近藤泰郎アナウンサーが、町に埋もれた江戸時代を探しに鳥取市をウロウロ!?
知られざる、今に続く「城下町の歴史」をたどります! 

私が作りました!

私が作りました!

NHK鳥取放送局ディレクター藤本 将太
鳥取も松江と同じ城下町ですが、当時の面影はほとんど残っていません。なので近世鳥取に関心を持つ機会がなかったのですが、ある日、近所の何の変哲もない道路の高低差が実は鳥取城の堀の痕跡だと教えられ、一気に引き込まれました。調べてみると、町のあちこちに江戸時代の痕跡が人知れず残っていて、まるで宝探しのような取材となりました。城下町の観点から鳥取を見るとまた違った魅力が見えてきます。ぜひご覧ください。

さんいんスペシャル
100歳の世界 “健康長寿”のヒミツ

山陰には、究極の健康長寿のヒミツがある!?
島根県は“百寿者”と呼ばれる、100歳を超えて生きる長寿者の割合が日本一高い。
しかも、6年連続1位という“健康長寿”の地域だ。
鳥取県も島根県についで2位。なぜ山陰には百寿者の割合が多いのか?
100歳をこえて生きる人の生活習慣とはどんなものなのか?
健康長寿を達成した山陰のお年寄りから、人生の後半、体も心も豊かに生きるヒントを学ぶ。

私が作りました!

私が作りました!

NHK松江放送局ディレクター吉岡 華
ディレクター3年目の吉岡です。取材に応じてくださったご長寿の方は、とにかく元気!私が100歳を迎える時に、ここまで元気でいられるのかな!?とこちらが圧倒されるほどの方々ばかりでした。番組では、そんな健康長寿になるための秘密を徹底検証しました。今からでも間にあうノウハウがいっぱいありましたよ!

さんいんスペシャル √るーとhigh↑2
海と神と妖怪がつながる町 松江市・美保関町 

新番組「さんいんスペシャル」。第1回目は、9年目を迎えたNHK鳥取放送局の看板ゆる旅番組「√るーとhigh↑2」が登場!
マンボウやしろとハイキングウォーキング・松田が、“海と神と妖怪がつながる町”、島根県松江市の美保関町を旅します。
出されたお題は「島根の中でとっとりを探せ」。一体、どんな両県のつながりが見つかるのか?その他、松江城では若武者隊とのコラボも!
鳥取発、ゆる~い旅をお楽しみください。

私が作りました!

私が作りました!

NHK鳥取放送局ディレクター横山 理沙
ディレクターの横山です。実は!ワタクシ、るーとのロケディレクターは今回が2度目!毎回ぶっつけ本番のスタイルでロケを行うためるーとのロケは、何が起きるかわかりません。松江市美保関町の旅でもハプニングが続出!!でも、そこがるーとの面白いとこでもあると思います。楽しんで見て頂けるとうれしいです。
▲ ページの先頭へ