2020年06月19日 (金)「はじめまして、加藤向陽(かとう・こうよう)と申します!」


加藤向陽

この度、鳥取放送局にアナウンサーとして赴任しました。
簡単に自己紹介させて頂ます!
生まれは東京で、高校・大学と京都で育ちました。
その京都で、私は自分の「生き方の軸」とも言える“あるもの”に出会いました。
それは…

kato200619_1.jpg

“人力車”です!
なぜ人力車を始めたか?よく聞かれるんですが、
私、歴代天皇126代すべてを暗唱できるくらい歴史が大好きなんです。
そんな歴史好きにはたまらない、京都の数々の名勝を
ガイドしながら巡れるなんて最高じゃないですか!
ということで始めた人力車。
そのあまりの楽しさに大学を3年間休学(!)して、
京都と浅草の2か所で、計4年間、引いていました。

kato200619_2.jpg

その一番の魅力は、何といっても「お客様の笑顔を目の前で見られる」こと。
浅草でも京都でも、その土地の魅力を自分の視点で切り取って、自分の言葉で伝える。
それがお客様に届き、目の前で笑顔になってくださった時は、うれしくてたまりません!
この人力車での経験が「自分の言葉で、より多くの人を笑顔にしたい」と
アナウンサーを志したきっかけにもなっています。

そんな私がこの度、赴任したのが人生初の鳥取県。
まだ2週間あまりしかたっていませんが、すでに鳥取砂丘を4回も訪れるなど(笑)、
鳥取県のことが大好きになっています!
大学時代、浅草や京都などの魅力を人力車を引きながら「お客様」に伝えてきた私ですが、これからは、NHKのアナウンサーとして鳥取の魅力を自分の視点で切り取り、「視聴者」のみなさまにお伝えしていきます。まだまだ未熟ですが、持ち前の体力と情熱で鳥取県を盛り上げていくことを約束します。よろしくお願い致します!

kato200619_3.jpg

(鳥取市の夏を彩る「しゃんしゃん傘」と)

投稿者:加藤向陽 | 投稿時間:09:10

ページの一番上へ▲