2019年03月28日 (木)「『西日本の旅』、今回の舞台は智頭町!」


西尾麻菜

先日、『西日本の旅』で智頭町に行ってきました。
岡山県との県境に位置し、
町の面積の9割以上が山林という緑豊かな町です。
そんな智頭町ならではのものが“杉玉”。
一般的には、酒屋が“新酒ができたことを知らせるために飾るもの”と言われていますが、
智頭町では、町特産の杉を使って観光客を出迎えようと、
いたるところに杉玉がつるされているんです。

nishio190328_1.jpg

作っているのは、この道19年の山本信利さん。
杉玉の土台となるワイヤーを形作るところから杉の調達まで
すべておひとりでされています。
手間も時間もかかる杉玉作り、わたしもお手伝いさせていただきましたよ。

そして、智頭町で近年、注目されているものといえば…
“ジビエ”です。
シカやイノシシによる農作物への被害が深刻化するなか、
“料理に使うこと”で地域振興へ一役買おうと
ジビエの処理施設を開業させた男性がいます。

nishio190328_2.jpg

赤堀広之さんです。猟から加工処理まで何でもこなせる赤堀さん。
28歳という若さながら頼もしい存在です。
そんな赤堀さんが加工したジビエ料理も味わってきました。
シカ肉を使ったボロネーゼです。

nishio190328_3.jpg

ジビエ特有の臭みもなく、おいしくいただきました。
こちらのボロネーゼ、古民家をリノベーションしたお店で提供しているのですが、
実はインテリアがおもしろいんです。
畑仕事で使う“アレ”が天井に?木を切る“アレ”がドアノブに?
どんなものが登場するかは放送を見てのお楽しみ。

ほかにも、林業を盛り上げようと
これまでにない“まき”作りに挑戦する大谷訓大さん(写真左から2番目)にお話を聞きました。

nishio190328_4.jpg

町の未来を考え、一歩踏み出すその姿に、わたしも勇気をもらいました。

智頭町が舞台の『西日本の旅』、
放送は 今月30日(土)午前7時30分~「ウィークエンド関西」(近畿2府4県)、
鳥取県では 4月2日(火)午後6時10分~「いろ★ドリ」で放送する予定です。
ぜひ、ご覧ください。

 

投稿者:西尾麻菜 | 投稿時間:07:16

ページの一番上へ▲