2019年04月18日 (木)「南アジアに旅行してきました!?」


斎藤舜介

社会人2年目に入った、齋藤です。
前回は中継の「予告」でしたが、今回は「報告」です!

4月12日(金)の『いろ★ドリ』で砂の美術館から中継をさせていただきました!
砂の美術館では、「砂で世界旅行」と題して、毎年、テーマを変えてさまざまな砂像を展示していますが、今年は「南アジア」がテーマ!
インドを代表する偉人マハトマ・ガンジーの生誕150周年を記念して、決まったそうです。
週に1度はインドカレーを食べている私、かなりテンションが上がりました!

saitou180118_1.jpg

(ガンジーの砂像。教科書で写真を見たことはありましたが、、、
立体で見られるのは砂像ならではです!)

そして、幅およそ20m、高さ5mで再現された
世界遺産のタージ・マハルは大迫力!

saitou180118_2.jpg

丸みを帯びた屋根や細かい模様にいたる細部まで精巧に造られていて、
まるで本物を見ているかのよう!(と言っても本物を見たことはないですけど、、、)

他にもこんな砂像が!

saitou180118_3.jpg

(ブータンの断崖絶壁にあるタクツァン僧院)

saitou180118_4.jpg

(ブッダの誕生シーン)

saitou180118_5.jpg

(現存していないバーミヤンの大仏、砂像で復元してありました!)

saitou180118_6.jpg

(インドの都市ヴァナラシのもく浴の様子)

私、出身がお隣の岡山県ということもあり、
これまでも砂の美術館には何度か観光で来ているのですが、
砂と水だけでできているとは思えない、壮大で繊細な表現に、
毎回、圧倒されてしまいます。
番組やこの日記で紹介した展示はまだまだほんの一部です。
ぜひ「砂の美術館」で、みなさんも旅行気分を味わってみてください!!

投稿者:斎藤舜介 | 投稿時間:19:50

ページの一番上へ▲