2018年6月12日

「"とれたて!"の大山紅茶」


西尾麻菜

こんにちは。
前回の日記でお知らせした“とれたて!”ご覧いただけましたか?
今回は大山町の“お茶”に注目しました。
お茶というと静岡県のイメージが強いですが、
実は鳥取県の大山町でも、大山の緩やかな傾斜と寒暖の差を生かして
昔からお茶を栽培しているんです。
なかでも紅茶は、5月下旬から6月のはじめ頃が最盛期ということで、
茶所の陣構(じんがまえ)地区にお邪魔しました。

迎えてくれたのは、茶葉の栽培から加工まで行う橋井恭一さん。
県内で唯一、紅茶を手がける生産者さんです。

nishio180612_1.jpg

【続きを読む】

投稿者:西尾麻菜 | 投稿時間:19:08 | カテゴリ:西尾麻菜 | 固定リンク

ページの一番上へ▲