• 第1週〜第11週 第1週〜第11週
  • 第12週〜 第12週〜

その他の登場人物はこちら

その他の登場人物はこちら

小橋家
製材問屋 青柳商店
仕出し屋 森田屋
常子が出会う人々

その他の登場人物

「あなたの暮し」編集部
小橋家
甲東出版
アカバネ電器製造
キッチン森田屋
常子に関わる人々

その他の登場人物

ヒロイン

小橋家の長女。11歳のときに父を病気で亡くし、母と妹二人を背負って立つ“父親代わりの”「とと姉ちゃん」。生涯、小橋家の家長として、家族を養うために奮闘。 猪突猛進、スポーツ万能、好奇心旺盛&物おじしない性格で、誰とでもすぐ仲良くなる。戦前、母や祖母、同級生など、女であるがゆえに自由に生きられないさまざまな女性たちに接するうちに、「女性たちの生活に寄り添う仕事がしたい」と考えるようになり、終戦直後、焼け野が原の東京で、二人の妹、そして志を同じくする天才編集者・花山伊佐次とともに、“女性のための実用雑誌”「あなたの暮し」を創刊。復興ままならぬ人々に生活の知恵を与え、高度経済成長期に一世をふうびする雑誌に成長させていく。自分のことより家族、家族のことより他人の、愛情あふれる女性。

小橋家
製材問屋 青柳商店
仕出し屋 森田屋
常子が出会う人々
その他の登場人物
  • 杉野 栄治

    田山涼成

    浜松の染物工場の気の優しい社長。竹蔵が亡くなっても小橋家を心配する。

  • 山田

    田中幸太朗

    竹蔵の部下。病に伏せている竹蔵に桜を見せたいという常子たちに協力する。

  • 大迫 博文

    ラサール石井

    染物工場の取り引き先の専務。酔ってピカァツァの贋作を竹蔵に渡してしまう。

  • 玉置 正雄

    加藤諒

    玉置 茂雄

    大内田悠平

    玉置 幹雄

    藤野大輝

    浜松時代の小橋三姉妹にやたらと絡んでくる三兄弟。左から、鞠子と同い年の次男・正雄、常子と同い年の長男・茂雄、美子と同い年の三男・幹雄。

  • 根本

    杉山裕之(我が家)

    深川で米屋を営む。田畑と一緒に森田屋に集まっては宗吉の将棋に口を挟んだり酒盛りをする。

  • 田畑

    谷田部俊(我が家)

    深川で乾物屋を営む。根本と一緒に森田屋に集まるご近所さん。

  • 後藤

    おのののか

    常子の女学校時代の同級生。突如結婚が決まってしまい、タイピストへの推薦を辞退する。

  • 兄貴

    キンタカオ

    鉄郎が借金をした男。借金取りたてのため舎弟を引き連れ森田屋に乗り込むが、滝子に一蹴される。

  • 舎弟

    村上和成

    鉄郎が借金をした男の舎弟。森田屋に乗り込んだ際、常子たちが隠していた練り歯磨きを見つけてしまう。

  • 下宿のおばさん

    大島蓉子

    星野の下宿のおばさん。常子と星野の関係を気にしている。

  • 山岸 隆一

    田口浩正

    常子が最初に勤める鳥巣商事の総務課長。タイピストを統括する。典型的な男尊女卑の考え方の持ち主。

  • 早乙女 朱美

    真野恵里菜

    常子のタイピストの先輩。リーダー的存在。真面目で仕事には極めて厳しい。

  • 諸橋 道子

    野村麻純

    タイピスト時代の常子の同僚。どんな時世でも自由に生きたい性格が災いし、鳥巣商事を退職する。

  • 多田 かをる

    我妻三輪子

    タイピスト時代の常子の同僚。常子と同じ、和文タイピストの担当。

  • 坂田 徳之介

    斉藤暁

    鳥巣商事の給仕。常子の頑張りを温かく見守り、ご褒美としてキャラメルを手渡す。

  • 佃 博文

    斎藤洋介

    鳥巣商事の部長。常子が作成した手書き書類を認める。

  • 奥寺夫人

    青木さやか

    鳥巣商事の営業課・奥寺の妻。諸橋と夫の仲を知り、タイピスト部屋へ乗り込んでくる。

  • 木戸 稔

    白洲迅

    鞠子が所属する文芸同好会の一員。作家を目指している。鞠子とは別の大学だが、その文学的な知識に好意を持っている。

  • ナラザワ洋裁店の店主

    緒方賢一

    滝子の顔なじみの洋裁店・店主。裁縫好きの美子に、手伝いを頼む。

  • お竜(田所竜子)

    志田未来

    常子が、タイピストの同僚と行ったビアホールで出会った不良少女。

ヒロイン

小橋家の長女。11歳のときに父を病気で亡くし、母と妹二人を背負って立つ“父親代わりの”「とと姉ちゃん」。生涯、小橋家の家長として、家族を養うために奮闘。 猪突猛進、スポーツ万能、好奇心旺盛&物おじしない性格で、誰とでもすぐ仲良くなる。戦前、母や祖母、同級生など、女であるがゆえに自由に生きられないさまざまな女性たちに接するうちに、「女性たちの生活に寄り添う仕事がしたい」と考えるようになり、終戦直後、焼け野が原の東京で、二人の妹、そして志を同じくする天才編集者・花山伊佐次とともに、“女性のための実用雑誌”「あなたの暮し」を創刊。復興ままならぬ人々に生活の知恵を与え、高度経済成長期に一世をふうびする雑誌に成長させていく。自分のことより家族、家族のことより他人の、愛情あふれる女性。

「あなたの暮し」編集部
小橋家
甲東出版
アカバネ電器製造
キッチン森田屋
常子に関わる人々
その他の登場人物
  • 相田 良輔

    兒玉宣勝

    甲東出版の社員。出版社を立ち上げると聞き、常子の今後を心配する。

  • 富樫 隆彦

    笠原秀幸

    甲東出版の社員で常子の隣の席。常子の初めての企画「ユーモア」特集に賛同する。

  • 真中 稲子

    三谷悦代

    小橋家のご近所さん。小橋家に卵をおすそわけしたり、配給の情報を教えてくれる。

  • 工藤 せつ

    西尾まり

    小橋家のご近所さん。防空演習の際、家族が倒れ、隣組の組長・三宅を怒らせる。

  • 三宅 光政

    有薗芳記

    隣組の組長。戦地で戦う息子を思い、地域を統制することに尽力する。

  • 中田 登志子

    中村久美

    綾の母。戦前は明るく身なりも美しかった登志子だが、戦中の苦労で消沈している。

  • 闇市の売人

    平田広明

    常子たちに紙がほしいと頼まれ、安物の仙花紙を高く売ろうとする。

  • 関元 和四郎

    寺田農

    花山の戦友の父。花山がマスターとして働くバラックの珈琲屋に雇われている。

  • 闇市の露店組合の男

    勝俣州和

    無断で『スタアの装い』を売っている鞠子と美子にショバ(場所)代を請求する。

  • 闇市の本屋店主

    桂正和

    自店に、花山が編集に初参加した雑誌『スタアの装い』第2号を陳列、販売する。そこでは1000部が売れる。

  • 長澤 健造

    飯田基祐

    花山の旧友。花山の実力に期待して事業に引き込もうとする。

  • バラックの男

    つまみ枝豆

    バラックを通りかかった花山に、戦争で妻や子どもを亡くした憤りをぶつける。