NHKインターネットサービス利用規約

2 サービス類型

■第6章 通信機能を利用したデータ放送サービス、データオンライン、およびハイブリッドキャスト

  • NHKは、データ放送に加えてインターネット経由でも、テレビで見られるさまざまな情報を「NHKデータオンライン」や「NHKハイブリッドキャスト」として提供しています。また、テレビのリモコンでクイズやアンケートに参加できる双方向番組は、データ放送の通信機能を利用したサービスです。
  • これらのサービスの利用に際しては、本規約「1 共通事項」に加えて本章(2 サービス類型 第6章 通信機能を利用したデータ放送サービス、データオンライン、およびハイブリッドキャスト)が適用されます。また利用の際には、「1 共通事項 第2章 取得情報と取扱い」に定める範囲内でIPアドレス等を取得・利用します。

第26条(通信機能を利用したデータ放送サービス、データオンライン、およびハイブリッドキャストの利用について)

(1)インターネット経由のコンテンツ閲覧

インターネットに接続しているテレビは、自動的に通信を行ってコンテンツを表示します。なお、インターネット接続の契約形態によっては、通信費が発生する場合があります。

(2)双方向番組への参加

NHKは、データ放送やハイブリッドキャストの機能を使ってクイズやアンケートを行う双方向番組を随時放送しています。このような双方向番組でアンケートやクイズに答えると、回答がNHKあてに自動的に送信されます。その際、回答の集計・表示や参加者数把握のため、テレビを識別する番号が送信内容に付加される場合があります。これらの送信情報は個人を特定するものではなく、また送信された情報をNHKが受信契約と照合することもありません。なお、送信される情報の種類によっては、番組ごとに参加/不参加の意思を確認する場合があります。

(3)ハイブリッドキャスト

ハイブリッドキャスト対応テレビをインターネットに接続すると、ハイブリッドキャストのコンテンツが優先的に表示されます。(設定が必要な場合があります。)