聖火リレー1964 再現プロジェクト

和歌山県WAKAYAMA

和歌山県の聖火リレー

1964年9月26日、大阪府から和歌山市へと入ってきた聖火は、北島橋を渡って紀の川を越え、和歌山市街地へと入りました。和歌山県庁では、盛大なセレモニーで迎えられ、聖火台に点火されました。翌日、和歌山城の城下を通り、紀の川に沿って上流へと向かいます。現・紀の川市では、紀州富士とも呼ばれる龍門山に見守られながら、若者たちが、聖火をつなぎました。そして、かつらぎ町から高野山の参詣口として知られる現・橋本市へと入り、県境の真土峠(まつちとうげ)で奈良県へとつながれました。

動画

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    高野山駅

    高野山(こうやさん)駅は、世界遺産として知られる紀伊山脈の霊場の中にある南海電気鉄道鋼索線の駅です。駅舎は、昭和3年竣工当時からの姿をとどめた木造2階建てです。1階はコンコース、レストランだったこともある2階は待合室と歴史を伝える展示スペースになっています。真言密教(しんごんみっきょう)の聖地高野山の玄関口らしく、寺院風の宝形(ほうぎょう)造りが印象的な屋根です。屋根の中央には海運、厄よけに御利益のあるという火をかたどった水煙があります。出口の自動改札の横に、開業当時から残る石造りの改札があり、現在も使われています。平成17年、高野山駅は国の登録有形文化財になりました。

    MOVIE

    高野山の修行道場

    高野山には、一人前の僧侶を目指して修行に励む道場があります。お経や声明など、一年かけて身体にたたき込みます。日々の厳しい修行を通じて、僧侶としての自覚が芽生えていきます。

    MOVIE

    那智の滝

    紀伊半島南東部を流れる那智川。この川の上流にある那智の滝は、世界遺産に「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部として登録されました。落差は133メートル、水しぶきが日光を反射して輝く様子は、白い龍の姿にも例えられ、人々は古くからこの滝を神として崇(あが)めてきました。

    MOVIE

    那智の火祭

    那智の火祭は、和歌山県那智勝浦町の熊野那智大社の例大祭「扇祭り」の一幕で、毎年7月14日に行われます。滝の姿を表した高さ6メートルの十二体の扇神輿が参道の石段に現れると、氏子たちは重さが60キロにもなるという大きな松明を担いで迎え、参道を練り歩いて神輿を浄めます。

    MOVIE

    和歌山県白浜町

    白浜町は和歌山県の中部にあり、観光地として知られています。観光客のお目当ての一つが、ジャイアントパンダです。白浜町では、日本で最も多くジャイアントパンダが飼育されています。有馬、道後とともに「日本三古湯」として知られる白浜温泉。1350年余りの歴史があります。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。