聖火リレー1964 再現プロジェクト

静岡県SHIZUOKA

静岡県の聖火リレー

愛知県から国道1号線を通って静岡県入りした聖火は、現・湖西市で引き継がれ、浜名湖を経由して、浜松市役所へ到着。秋晴れの中、畑の風景が広がる沿道には市民があふれました。
翌日は、静岡県庁を目指し、79.1キロを東へと進みます。静岡市の駿府公園の野球場では聖火リレーを迎える集いが開かれ、約5万人が見守る中、聖火がカンテラに移されました。10月6日、静岡市を出発した聖火は北に富士山、南に駿河湾を眺めながら、神奈川県を目指しました。180万人の静岡県民に見守られ、総距離およそ185キロを走り抜けました。

動画

    こころのレガシー 1964→2020

    歓喜、興奮、感動、そして涙・・・。

    1964年の東京大会で日本人一人ひとりが味わった熱い思いが、その後の日本を作り上げる原動力になりました。
    東京五輪を体感した人々の胸に、50年の時を越えて刻み込まれている“こころのレガシー”を見つめます。

    COLUMN

    聖火が街にやってきた 静岡 湖西市

    地元にやってきた聖火リレーの様子を8ミリカメラで撮影し、町の記録映画の制作に挑んだ男たちがいた。フィルムと男たちの脳裏に刻み込まれた聖火リレーの壮観な風景。

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    伊豆 河津桜

    静岡県、伊豆半島。天城山から流れ出た清流が渓谷を下ってワサビ谷に至ります。早咲きの桜としられる河津桜は、2月から開花が始まり満開まで約一ヶ月と、長い時間桜の花を楽しむことができます。河津川にそった桜並木は大勢の観光客でにぎわいます。

    MOVIE

    大瀬祭り

    冨士のふもと、駿河湾の漁師にとって4月4日は大切な日です。海の守護神である大瀬神社に、海の安全と大漁祈願をします。準備は念入り、装いは奇抜。天下の奇祭を紹介します。

    MOVIE

    桜えび

    春と秋、静岡県富士川の河川敷が、ピンク色に染まります。正体は桜えび。駿河湾は、日本で唯一桜えびが水揚げされる場所です。夜におこなわれる漁や、河川敷での干しエビ作りを紹介します。

    MOVIE

    富士の湧き水

    一年の半分は雪に覆われている富士山。地下には大量の雨水を蓄えています。天然の濾過器のような富士山が、数十年の歳月をかけて雨水をじっくりと濾過し、沢山の湧き水を作り出します。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。