聖火リレー1964 再現プロジェクト

滋賀県SHIGA

滋賀県の聖火リレー

1964年9月29日、京都府庁で一泊した聖火は、滋賀県大津市へと入り、滋賀県庁に到着しました。翌30日、琵琶湖沿いを走り出した聖火は、琵琶湖から流れ出る瀬田川を通過し、草津市へと進みます。そして、沿道に多くの人々が詰めかけた国道1号線を、栗東市、湖南市、甲賀市(いずれも現在の市名)と走り、鈴鹿峠を越え、三重県に入りました。こうして、総距離60.6キロを完走し、聖火は三重県の亀山市へと託されました。

動画

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    大津絵

    東海道最後の宿大津で、芸妓衆のお座敷唄としてうたわれてきたのがこの「大津絵」です。江戸時代末期の端唄が大津に入り、歌詞に大津絵の画題づくしをよみ込んだものが人気を呼んで、「大津絵」の名で名物になりました。大津絵は、大津の追分辺りで商われていた民俗絵画です。荒っぽい墨線に丹、緑、黄などのきわめて単純な筆彩色がほどこされ、画題は、藤娘、弁慶釣鐘など戯画的なものが多いのが特徴です。この録音は、昭和二十九年当時の大津の芸妓が、その元唄的大津絵画題づくしの歌詞で演唱したものです。

    MOVIE

    信楽焼

    信楽焼は、滋賀県甲賀市信楽町を中心に作られる焼き物です。信楽町一帯では、良質な陶土に恵まれ、古くから陶芸が行われてきました。信楽焼の土はガラスのような光沢を持つ長石を含んでいて、焼いた時に独特の模様を作ります。また、腰が強く粘性のある土であるため、浴槽など大物の制作にも適しています。

    MOVIE

    竹生島

    琵琶湖に浮かぶ竹生島。太古の昔から、神の島として崇められてきました。島には宝厳寺と竹生島神社のみで、住職や神職も船で通ってきます。宝厳寺唐門と竹生島神社本殿は国宝に指定され、他にも数多くの重要文化財を有しています。

    MOVIE

    国宝・彦根城

    滋賀県彦根市にある彦根城は、1606年、徳川家譜代の家臣井伊家の居城として築城されました。中心にそびえる天守は、築城当時の姿をとどめる貴重な遺構で、国宝に指定されています。天守の姿を特徴づけるのが、破風(はふ)と呼ばれる飾り屋根。流れるように重なり合う破風が見事に調和し、華麗な姿を生み出しています。

    MOVIE

    琵琶湖 白髭神社

    日本最大の面積と貯水量を誇る湖、琵琶湖。琵琶湖の西部、湖のなかに立つ朱塗りの鳥居は白鬚(しらひげ)神社の大鳥居です。近江で最も古い神社とされ、そのたたずまいから“近江の厳島(いつくしま)”とも称されます。湖の水面に映ろう美しいさざなみが人々の心を捉えます。琵琶湖は1993年6月、ラムサール条約に登録されています。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。