聖火リレー1964 再現プロジェクト

大分県OITA

大分県の聖火リレー

1964年9月11日、第2コースの聖火は、難所として有名な宗太郎峠を越え、宮崎県から大分県・佐伯市(さいきし)へとリレーされました。山間部を北へと走り、この日のゴールとなる大分市の県庁を目指し、88.2キロを進みました。
翌日は、別府湾に沿って、日本有数の温泉地・別府市の旅館街を通過して、別府港に到着。2日間で99.8キロを走破した聖火は、海上保安庁の巡視船まつうらに乗り、四国の愛媛県・高浜港へと向かいました。

動画

    こころのレガシー 1964→2020

    歓喜、興奮、感動、そして涙・・・。

    1964年の東京大会で日本人一人ひとりが味わった熱い思いが、その後の日本を作り上げる原動力になりました。
    東京五輪を体感した人々の胸に、50年の時を越えて刻み込まれている“こころのレガシー”を見つめます。

    COLUMN

    日本パラリンピックの父 大分 別府市

    1964年東京大会は日本が初めてパラリンピックに参加した大会です。“日本パラリンピックの父”と呼ばれる中村医師は、閉じこもりがちだった障害者の意識を変えるため大会の開催に力を尽くしました。

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    臼杵磨崖仏

    大分県臼杵市には、全国で唯一国宝に指定された石の仏があります。岩肌に直接彫り込まれた、臼杵磨崖仏(うすきまがいぶつ)。まるで木彫りのように繊細な大日如来像などを紹介します。

    MOVIE

    黄飯と加薬

    大分県東部の海沿いの街、臼杵市。戦国大名、大友宗麟の居城があったことでも知られています。その臼杵市の郷土料理「黄飯(おうはん)」と「加薬」。黄飯とは、砕いたクチナシの実で黄色く色づけした水を使って炊いたご飯です。江戸時代、臼杵藩ではこの黄飯を赤飯の代わりにべていたと言い伝えられています。この黄飯と一緒にべるのが、加薬(かやく)と呼ばれる汁料理です。地元の魚・エソを使って作ります。

    MOVIE

    古要神社の傀儡子の舞と相撲

    「古要神社(こようじんじゃ)の傀儡子(くぐつ)の舞と相撲」は、大分県中津市にある古要神社で、1300年以上受け継がれてきた祭りです。3年に一度10月12日に行われます。傀儡子という木製の人形を操る神事で、福岡県の古表神社に伝わるものとともに国の重要無形民俗文化財に指定されています。

    MOVIE

    別府温泉

    大分県・別府は、日本一の湯量を誇る湯の街です。年間1000万人を超える訪問者が訪れます。「地獄めぐり」を始めとする観光施設や、別府八湯(はっとう)と呼ばれる泉質が異なる8つの温泉が、多くの人をひきつけます。街のあちこちから湯気が立ち上っており、その蒸気を利用した「地獄蒸し料理」が評判です。

    MOVIE

    ゆずごしょう

    大分県日田市では、柚子(ゆず)ごしょう作りが盛んです。柚子と唐辛子と塩を混ぜただけで、どんな料理もひきたてる調味料に変身します。9月、まだ身の青い柚子を収穫し、加工が始まります。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。