聖火リレー1964 再現プロジェクト

宮崎県MIYAZAKI

宮崎県の聖火リレー

第2コースの起点、宮崎空港に聖火が到着したのは、1964年9月9日午前9時52分。ファンファーレが高らかに鳴り響く中、およそ1万5000人が見守りました。聖火は、宮崎県庁や宮崎神宮を通って、夜7時40分、平和台公園の聖火台に点火されました。翌10日午前9時、聖火は好天の中、太平洋沿岸を北上して延岡市に到着。延岡市役所で一夜を明かした聖火は、翌9月11日、大分県に引き継がれました。
宮崎県の聖火リレーは、98区間133.6㎞。初秋の日向路を2196人が駆け抜けました。

動画

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    霧島連山の焼酎

    霧島連山のふもと、宮崎県都城市。ここで地元の人々に愛されるお酒が作られています。火山灰を含んだ土が育てる焼酎専用のサツマイモと、霧島の天然水。火山がもたらす恵みから、極上の芋焼酎が生まれます。

    MOVIE

    高千穂峡

    宮崎県北部を流れる五ヶ瀬川上流にある高千穂峡。かつて阿蘇の噴火によってできた台地を川が削り、深さ数十メートルの絶壁が続く神秘的な景観を作り出しています。高千穂峡には、神話にゆかりのある景観が多く見られます。

    MOVIE

    高千穂の夜神楽

    宮崎県高千穂町。毎年11月から2月にかけて、19の集落で「夜神楽」が行われます。夜神楽とは、里ごとに氏神様を神社ではなく家、「神楽宿」にお招きし、神楽を舞う高千穂伝統の神事。五穀豊穣に感謝し、夜を徹して神楽を奉納します。高千穂の家の多くは、神楽ができるよう、間口が広く天井が高い独特の造りになっています。神楽宿に選ばれることは大きな名誉。神様を家にお招きし、ともに舞い遊ぶ高千穂の夜神楽は、国の重要無形民俗文化財に指定されています。

    MOVIE

    宮崎県宮崎市

    宮崎市は、県のほぼ中央部にある、宮崎県の県庁所在地です。年間の平均気温が18度前後と温暖な気候で、リゾート地として知られるほか、プロ野球やJリーグなどのチームのキャンプ地にもなっています。宮崎名産の焼酎は、芋、米、麦、そばなど多くの種類が造られ、生産量は全国2位です。日本有数の畜産王国でもある宮崎。牛肉、豚肉、鶏肉どれをとっても絶品の味です。

    MOVIE

    宮崎県高鍋町

    高鍋町は宮崎の東側 日向灘に面しています。日向灘沿岸は、白い砂浜が続き、サーフィンによい波が打ち寄せる場所として人気です。海岸は、アカウミガメの産卵地としても知られています。町の人たちは、浜の保全や孵化したウミガメを海に帰すなど、保護に努めています。高鍋湿原には約300種の植物が自生し、およそ20種類のとんぼを始め数多くの昆虫を見ることができます。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。