聖火リレー1964 再現プロジェクト

神奈川県KANAGAWA

神奈川県の聖火リレー

1964年10月7日、箱根町で熱烈な歓迎を受けて神奈川県に入った第2コースの聖火は、芦ノ湖(あしのこ)を見下ろしながら箱根の山を下り、箱根町役場に到着しました。翌8日は、95.7㎞を一気に駆け抜けて横浜市へと進みます。小田原市で太平洋沿岸に出ると、平塚市、茅ヶ崎市、藤沢市、鎌倉市、逗子市、横須賀市を経由して、午後5時前、横浜市にある神奈川県庁に到着しました。翌8日、聖火は川崎市を経て東京都大田区へと引き継がれました。
神奈川県は、九州西側、本州日本海側、甲信越地方を走り抜ける第1コースのルートでもありました。第1コースの聖火は10月7日、今の山梨県上野原市から神奈川県北部の相模原市に入ったのち、相模湖漕艇場で一泊。翌8日、国道20号線を通って東京都八王子市に引き継がれました。

動画

    こころのレガシー 1964→2020

    歓喜、興奮、感動、そして涙・・・。

    1964年の東京大会で日本人一人ひとりが味わった熱い思いが、その後の日本を作り上げる原動力になりました。
    東京五輪を体感した人々の胸に、50年の時を越えて刻み込まれている“こころのレガシー”を見つめます。

    COLUMN

    “聖火に思いを寄せて”(1)神奈川 横浜市

    終戦から19年、急ピッチで復興を遂げる日本で人々は、新しい時代への希望を聖火の炎に託した。「聖火に思いを寄せて」(上)は、聖火トーチの製造に携わった弾薬メーカー社員と聖火リレー最終日のランナーの思い。

    COLUMN

    記録映画『東京オリンピック』にかけた超望遠レンズ職人 神奈川 横浜市

    1965年、オリンピックの翌年に公開された記録映画『東京オリンピック』。単なるオリンピックの競技映像に終わらない映像を支えたのは、超望遠レンズとそのレンズを製作した3人の職人のこだわりでした。

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    江の島

    神奈川県江の島。江戸時代から続く観光名所で、今も年間1200万人が訪れます。橋がない時代には引き潮を利用して、明治になると丸太橋で訪れました。江の島の今昔物語をお送りします。

    MOVIE

    円覚寺

    神奈川県鎌倉市にある円覚寺。鎌倉時代に創建されました。境内の奥に位置する舎利殿は、禅宗とともに中国から伝わった建築様式「禅宗様」の傑作で、国宝に指定されています。禅宗は簡潔さを重んじるため、派手な色や目立つ彫刻はありません。禅の教えに通じる飾り気のない質実剛健な美を醸し出しています。

    MOVIE

    小田原城天守閣

    小田原は戦国時代、関東一帯を治めた北条氏の城下町でした。天下統一をもくろむ秀吉は、小田原城をおよそ22万の兵で包囲しました。さらに、小田原城を見下ろす山に新たに城を築き、北条氏の戦意を消失させました。

    MOVIE

    成田山 新勝寺

    千葉県成田市にある成田山新勝寺。関東有数の参拝者を誇る寺院で、毎年およそ300万人が初詣に訪れます。12月28日には、その年に納められたお札を燃やして、1年間の御利益に感謝する「お焚(た)き上げ

    MOVIE

    神奈川県鎌倉市

    鎌倉市は神奈川県・三浦半島西側にあり、市の南は、相模湾に面しています。12世紀末、源頼朝は源平の合戦で平氏を滅ぼし、この地に幕府を開きました。市内には鶴岡八幡宮や鎌倉の大仏など、貴重な史跡が残っており、人気の観光スポットとなっています。「鎌倉彫り」は、鎌倉時代に中国から伝わった堆朱(ついしゅ)や堆黒(ついこく)の影響を受け、仏師が仏具を木彫漆塗りの技法で作ったのが始まりと言われています。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。