聖火リレー1964 再現プロジェクト

兵庫県HYOGO

兵庫県の聖火リレー

兵庫県は、日本海と瀬戸内海の二つの海に接しています。山陰地方を駆け抜けてきた第1コースと瀬戸内海沿岸を走ってきた第2コースの聖火はそれぞれ兵庫県の北部と南部に入りました。第1コースの聖火は、但馬地方(たじまちほう)の新温泉町(しんおんせんちょう)や養父市(やぶし)、朝来市(あさごし)などを経由して、9月27日、京都府の福知山市に引き継がれました。
一方、赤穂市(あこうし)、相生市(あいおいし)、姫路市、加古川市などを通って神戸市に到着した第2コースの聖火は9月25日、台風20号の影響で自動車輸送へ切り替えられました。聖火リレーが予定されていた西宮市や尼崎市の役所に立ち寄ったのち、聖火は大阪府庁に運ばれました。

動画

    こころのレガシー 1964→2020

    歓喜、興奮、感動、そして涙・・・。

    1964年の東京大会で日本人一人ひとりが味わった熱い思いが、その後の日本を作り上げる原動力になりました。
    東京五輪を体感した人々の胸に、50年の時を越えて刻み込まれている“こころのレガシー”を見つめます。

    COLUMN

    靴でつなぐ五輪 兵庫 神戸市

    1964年東京大会のマラソンで銅メダルに輝いた円谷幸吉選手。沿道やテレビの前で声援を送った日本人の心に刻まれた感動の瞬間、その舞台裏には円谷選手の足元を支えた一足の靴の存在がありました。

    わが、ふるさと自慢

    ふるさとの自慢の風景やかけがえのない文化など地域の魅力を全世界に向けて発信します。NHKアーカイブスの「動画で見るニッポン・みちしる」と「NHK名作選 みのがしなつかし」で、お楽しみください。

    MOVIE

    有馬温泉

    兵庫県神戸市北区にある有馬温泉。有馬の湯として名高いのが、金泉と呼ばれる赤いお湯。元は無色透明ですが、空気に触れることで、中の鉄分が酸化して、独特の赤い色に変化します。日本最古の名湯と言われており、毎年多くの観光客が訪れます。

    MOVIE

    淡路人形浄瑠璃

    兵庫県の淡路島に伝承される淡路人形浄瑠璃。500年以上の歴史を誇る伝統芸能で、国の重要無形民俗文化財に指定されています。3人が呼吸を合わせて一体の人形を操ることで、初めて人形に命が吹き込まれ、生き生きとした表現が生まれます。

    MOVIE

    神戸ルミナリエ

    冬の神戸を灯りが包む「神戸ルミナリエ」は、中央区にある旧外国人居留地と東遊園地の会場で行われます。「ルミナリエ」とはイタリア語で光の装飾のこと。独特の幾何学模様で構成されたイルミネーションが特徴です。阪神淡路大震災が起きた1995年に、犠牲者の鎮魂と追悼、神戸の街の復興を祈念して始まりました。

    MOVIE

    丹波路、篠山

    丹波路は源義経が一の谷を目指した道です。道沿いの町には、今も京の香りが色濃く残っています。平家物語によると、義経の軍は二日を要する丹波路を一日で進軍しました。駆け抜けた義経軍は三草山(みくさやま)の戦いに勝利し、一の谷を目指しました。

    MOVIE

    姫路城

    兵庫県姫路市の国宝・姫路城。現在の城は、江戸時代に池田輝政によって築かれました。その美しさから白鷺城ともよばれています。世界文化遺産にも登録され、今なお輝きを保ち続けています。

    →2020プログラム

    オリンピック・パラリンピックの開催国では、大会期間中の競技と別に「音楽」「演劇」「美術」「ダンス」など多角的な文化や開催国の魅力を紹介するイベントなどが“文化プログラム”として行われています。NHKでは、全国で行うイベントを 「→2020プログラム」と位置づけて、積極的に取り組んでいます。