2020年6月29日(月)放送分


どうしようもない心の動き、、、
それをお伝えしようとバーッとメモしたけど、
その10分の1程度しか伝えられなかった・・・ 弦楽四重奏団「ヴィアベル」さんの生演奏に
とてもとても感動したのです。
演奏開始直前の張り詰めた空気を、
スーっとしなやかに・清らかに、
優しき空気に変えていってくれました。

皆さん笑顔での演奏。
「笑顔」・・・それこそが演奏において
他の何より大切な要素だと思いました。
いやいや、ボウイング合わせるのとかも
めっちゃ大事ですやんw何聞いてたんですかw?

って言われそう(^^)

い~やとにかく
素晴らしい演奏をありがとうございました!
また聴かせてください。
演奏会にお邪魔したい・・・
みんなもそうしようよ!
「ヴィアベル」弦楽四重奏団

木田寿味さん(バイオリン)
この度は、ラジオ出演というとても貴重な体験をさせていただき、ありがとうございました。
コンサートの本番とは違う緊張感はとても刺激的で
ワクワクしました。

なかなか上手にトークはできなかったのですが、
板東さんや越田さんをはじめ、
たくさんのスタッフの方々に温かく迎え入れていただいたことがとても嬉しかったです。
そして、生演奏の時間をとっていただき、
本当にありがとうございました。

今後とも、ヴィアベル弦楽四重奏団を
どうぞよろしくお願い致します!
幸せな時間をありがとうございました。
森基之さん(バイオリン)
ラジオに出演させて頂き、司会の板東さん、
越田さんをはじめ、スタッフの方々、
ラジオに携わっている多くの方が連携して
はじめてラジオはできるんだなと実感しました。
連携の素晴らしさは、さながら
巨匠の指揮者が率いる一流のオーケストラのようで、
とてもカッコよかったです。


自分たちの演奏は、楽しそうに弾いているメンバーのおかげで今日も楽しむことができました。
肝心のトークはマイクの向こうに
聴いている方々が大勢いると意識してしまい、
とても緊張しました。
あと越田さんの打ち合わせに無い振りに
毎度心拍数が上がりましたが、
それはそれでよい刺激になり、
より思い出深いトークとなりました。

ヴィアベル弦楽四重奏団は
これからも活動を続けていきますので、
また是非ラジオで演奏させて頂ければ幸いです。
今日は夢のような時間を過ごさせて頂き
本当にありがとうございました。

最後に、シャーペンの忘れ物をして
すみませんでした。楽しくて、
後ろ髪を引っ張られる思いから
無意識に置いてきたのかもしれません。
(単に忘れていました。すみません。)
上川忠明さん(ヴィオラ)
貴重な機会を頂き本当にありがとうございました!

生放送、緊張しましたが板東さん、
越田さんの素晴らしい進行のおかげで
とても楽しませて頂きました。
また沢山のスタッフさんに温かく支えていただき
本当に感謝の思いでいっぱいです。

ヴィアベルの仲間との音楽作りは
いつも楽しくてとても充実しています。
沢山の人達に知って欲しいな
という思いがありましたので、今回番組で
紹介していただき、リスナーの皆様に
聞いて頂けた事はとても嬉しく光栄でした。


これからもヴィアベル弦楽四重奏団、より良い
音楽を発信できるよう精進して参ります!
どうぞ今後とも宜しくお願い致します!
野村侑加さん(チェロ)
この度は、「あわメロR」さんのラジオに
お招き頂き、ありがとうございました。
初めてのラジオ出演で、その上生放送という、
私自身緊張感たっぷりの本番だったのですが、
大変貴重な経験をさせて頂き、とても楽しい時間を過ごさせていただきました。

またドキドキの中で、板東さん、越田さんの
元気いっぱいの楽しい進行、そして生演奏も
スタッフさんとともに盛り上げて頂き、
とても心が暖まりました!
番組に携わって下さった皆様に感謝申し上げます。

これからも私たちのカルテットを磨いてゆき、
素敵な音楽が届けられるよう頑張って参ります!
大変にありがとうございました。
STU48通信
広島県出身 今村 美月さん
「おそろしかった三日間」
朗読:城東高校2年生
小川 真白(おがわ・ましろ)さん

このページを閉じる