HOME > 岡 隆一  > 20年前の自分を思い出しつつ。比べつつ。

投稿者:岡 隆一

2020年07月21日 (火)20年前の自分を思い出しつつ。比べつつ。


どうも。アナウンサーの岡です。

阿波踊りの鐘の音が聞こえてこないので季節感があまりない今年ですが、

気が付けば7月下旬。

私の2回目の徳島勤務も、あっという間に1年が経とうとしております。

で、最近は何をしているのかといいますと、こちら…

このシャープな後ろ姿。そう、私ではありません。新人アナの坂本君です。

この坂本君を、放送にデビューさせる! これが私に課せられたミッションです。

気が付けば、私もアナウンサー20年目。

去年、おととしと東京で新人アナウンサーの研修に携わるなど

「育成」という業務が多くなる年次になってきております。

この際はっきり言っておきますと、

私が本当に若手を教えられる実力があるのかというと自分自身でも甚だ疑問。

しかしやらねばならぬアナウンサー20年生なのです。

で、かなり頑張りましたよ。

「発声」「活舌」「アクセント」「ニュースリード(原稿読み)」。

自分自身が20年前に先輩からどのように教わったか必死で思い出し、

何とか先生らしく教えること、およそ3週間。

坂本君は、まず7月に入って早々にラジオでニュースデビュー。難なくこなしました。

そして次はテレビデビューだ!と、早朝の「おはよう徳島」を目指して特訓。

1週間連続で早朝出勤し見学とシミュレーションを重ねてました。

そしてついに!7月13日。

そのさわやかフェイスを徳島の皆様に披露させていただきました。

まあ、かなりの緊張でスマイルが全くなかったことはお許しください。

坂本君以上に、横で見ていた私が、誰よりも緊張していたのは事実です。

それにしても大きなミスもなく、無事に「初鳴き」を終えた坂本君。

20年前の新人・岡隆一アナウンサーと比べると、間違いなく彼の方が伸びしろ大。

これから大いに成長してほしいと思います。

ちなみに、早朝特訓に付き合うため1週間早朝4時起きが続いたことが

この上なくしんどかったことは、彼には内緒。

ページの一番上へ▲