HOME > 佐々木 智一  > 年越しは

投稿者:佐々木 智一

2020年03月05日 (木)年越しは


時が経つのは本当に早いものですよね。

昨日まで、初詣におせち料理と新年を祝っていたと思えば、

まもなく桜が咲こうとしています。新町川の早咲きの桜は見ごろを迎え、

通勤途中に心を癒してくれます。

 

わたしの2020年の新年仕事始めは、1月1日でした。

徳島県中部。

四国山地に抱かれた吉野川市山川町の山崎忌部神社から

ゆく年くる年の中継を担当しました。

 

去年11月、天皇陛下即位のあとに行われた大嘗祭で、

「あらたえ」と呼ばれる麻の織物を献上したこちらの神社は、

例年より賑やかな年越しを迎え、地域の人たちが絆を確かめ合う

特別な新年を迎えました。

 

番組は12月31日から1月1日をまたいでOAされました。

各局のアナウンサーが伝える年の瀬の様子を見ていると、

日本各地、ひとりひとりの人に、それぞれの年越しがあることを感じ、

不思議な感覚に包まれました。2020年がみなさんにとって幸せな一年となりますように。

願いを込めて中継を担当いたしました。

 

そういえば、正月に食べてまだ食べ続けているものがありました!それは餅。

あれからほぼ毎日食べています。このまま2021年まで食べ続けるなきっと笑

ページの一番上へ▲