2016年1月22日(金)

お坊さんが変わる!?
時代が求める仏教とは

「お坊さん便」に問い合わせが殺到

人々との新たなつながり
模索する僧侶

時代が求める仏教とは?

今回のテーマは「お坊さん」です。
先月、ネット通販大手アマゾンで「お坊さん便」がスタートしました。
法事でお経をあげてもらうお坊さんを手配するこのサービスに対して、「お布施や読経は宗教行為。サービスではない」という批判も出て、議論が起きています。
取材をすると、「お坊さん便」を運営する会社には、利用者だけでなく、僧侶からも100件を超える問い合わせがあったとのこと。
近年急激に進む檀家離れによって、生活が立ちゆかなくなっているお坊さんたちの苦境が見えてきました。
そんな中、人々との新たなつながりを求めて、独自の取り組みを始める僧侶も現れています。
時代が求める仏教のあり方について、僧侶たちの模索を通して考えていきます。



^
Page Top