2013年4月19日(金)

危機は防げるか
~迫りくる"インフラ・クライシス"~

中央自動車道・笹子トンネルの天井崩落事故で関心が集まる"老朽インフラ"。
特報首都圏は、長くこの問題を継続取材。
多くの自治体が「現状把握すら困難」な厳しい状況。
財政難や技術者不足、点検ノウハウを知らない・・・そんな中で新たな動きも。
精度の高い診断ができる「メンテナンスロボット」、「橋守」という自主的な老朽インフラ見守りなど。
壊れて事故になる前に、どう安全に点検保全できるのか、最前線の現場を見つめる。


^
Page Top