NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

わんぱくな子犬が、人を助ける介助犬に

2018年09月03日

介助犬の歴史を築いたシンシアの物語

交通事故で体がまひした木村さんのもとに、
ペットとしてやって来たシンシア。
好奇心が強く、見るもの・動くものに反応するシンシアは、
木村さんに飛びついて車いすごと倒したり、Tシャツを破いたり、わんぱくな犬でした。

そんな時、海外から来た「介助犬」という、
肢体不自由者の手足となり、生活を支える犬の存在を知り、
シンシアを訓練施設へ通わせました。

立派な介助犬に成長したシンシアは、木村さんと信頼関係を築き100近い指示を覚えるまでに。

しかし当時は、盲導犬と違い介助犬の認知度は低く、
店や交通機関などで同伴拒否されることも多かった。
そこで、各地で講演会を開き、介助犬への理解を求めました。

300回を超える講演活動が原動力となり、身体障害者補助犬法が2002年に成立。
介助犬は飼い主とどこへでも一緒に行けるようになりました。

シンシアは天国へ旅立った今も、介助犬の存在を示し続けています。

見たい動画をリクエストする
もふもふモフモフ
もふもふモフモフ
いぬ、ねこ、うさぎ、フクロウ、ハムスター。今や人間生活と切り離せない「もふもふ」なペットたち。その愛くるしい姿を盛りだくさんで紹介する、究極の癒やし&幸せ番組。
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る