NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

読む72時間 「COOL!下町 浅草・バッティングセンター」

2018年03月15日

名物TVウォッチャー・吉田潮が読み解く!『ドキュメント72時間』

 梅干を見ただけで唾液が出るように、タイトルと取材場所だけで映像が目に浮かぶ。どうせ外国人旅行客が「ウェーイ」なんつって、はしゃぐんでしょ。バッティングの秘訣を擬音だけで教えたがる男性がいるんでしょ。オジサンがシャツの裾出して空振りするんでしょ。案外、当たってたよ。期待通りの絵ヅラをありがとう。

 ところが、まったく予期せぬ偶然の共通項もあった。これだから72時間はやめられない。題して、「女たちのバッティングセンター」。

 本格的なフォームで汗を流す女性。独学だという。「きれいに打ちたいなと思って」。ホント、きれい! どやどやと入ってきた3人組は「子育てが一段落したから遊んでいる」という。言い訳せずに遊んでいいのにね。母の矜持。26歳の娘を持つ母は「娘の彼氏募集中で~す」と笑う。娘からすれば余計なお世話だが、底抜けに明るい母、悪くない。「バース!掛布!真弓!」と吠えて打つ、昭和スタイルもたまらない。子育てから次なるステージへ上がったんだなぁ。

 もうひとり、母がいた。愛知県で寮生活を送る中学生の息子と来た女性だ。映画もディズニーランドもUSJも、今では友達と行く息子。唯一、ここだけは一緒に行ってくれると嘆き節。息子溺愛っぷりは言葉の端々に表れている。当の息子はとっくに親離れ完了した表情。そろそろ子離れして自分の人生を歩き始める時期ね。

 父親から手厳しい特訓を受けている小学生女子もいた。夢はプロ野球選手。澄んだ目に宿るド根性、時折漏れ出るあどけなさ。11歳で男優位社会へ挑む決意、心から応援します。

 銀座の夜の蝶を辞めて、今は無職の23歳女性。猫をかぶることに疲れたそう。今後留学したいと希望を語る。無職でもやりたいことを即答できる人は大丈夫。この後も飲みに行くという。人と比べない人生の船出だ。女たちはどの世代も、打つ気満々。ピッチャーびびんなよ!

見たい動画をリクエストする
ドキュメント72時間
ドキュメント72時間
人々が行き交う街角に3日間カメラをすえてみる。 同じ時代に、たまたま居あわせた私たち。 みんな、どんな事情を抱え、どこへ行く?
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る