NHK1.5ch(NHK1.5チャンネル) NHKのオイシイところを、オイシイかたちで。

東日本大震災 残された人が思いを伝える電話ボックス

2018年03月11日

風の電話〜東日本大震災・残された人々の声〜

津波で多くのものを失った岩手県大槌町の丘の上。
電話線のつながっていない
風の電話と呼ばれる電話ボックス。

祖父を亡くした男の子が、祖父へ・・・
妻と娘と母が行方不明の男性が、帰らぬ家族へ・・・

伝えきれなかった思いを語りかける人が後を絶ちません。

幸崎さん一家もその一組。
青森県でトラック運転手をしていた父、和彦さんは
急なシフト変更を頼まれ、岩手県大船渡市を目指す途中で
津波に巻き込まれ行方不明に。

長男の廉くん
「なんでお父さんなんだよ。なんで俺だけなんだよ」
妻・ひとみさん
「電話での会話でいつも『生きてる?』『生きてるよ』って会話してたけど、
それが2人で話する合言葉だったのにね」

幸崎さんが家族で父のことを話したのは
震災以来初めてのことでした。

見たい動画をリクエストする
NHKスペシャル
NHKスペシャル
基本精神は、NHK特集から引き継いだ「実験性」と「スクープ性」、「感動」。 今までにない手法や内容に大胆に挑戦し、真実を発掘していくことを目指しています。 そして、NHKスペシャルに衣替えした時に加えられたのが、テーマを選ばない、どんな話題でもテレビでやれないことはないというチャレンジ精神です。 NHKのあらゆる部署や制作会社から寄せられる膨大な提案がNスペの志を支えています。
番組ホームページはこちら
トップページへ戻る