JUDGE'S PICK中田彩郁

TECHNEのパーツfujita suzuka

技法 / シンクロ

中田彩郁コメント

映像を見始めてすぐに、「ああ、このパーツはTの文字になるんだな」というように、予測がついてしまうことがある。それでは面白さは半減してしまう。
しかしこの作品は、画面に散らばった立体物の側面に、6色+白を上手く配置して、なかなか文字の形を予測させない。各パーツはそれぞれ動き方にルールを持っていて、音楽にもぴったり合っている。デザインがとてもかわいいし、無駄のない洗練された作品だ。

teleport古閑健太郎

技法 / ストップモーション

中田彩郁コメント

静かな空気感に好感が持てる作品。人物が座ったり、立ちあがったり、浮いたりするタイミングや風景が切り替わるタイミングが絶妙。
人物が一定速度で前に進んでいくというルールがあって、一貫して風景には何も写っていない。だからこそ最後に飛んでくる1枚の白い紙に存在感が出てくる。飛んでくる紙の形も本当に風に吹かれてるみたいでよい。

transform中塚沙恵

技法 / ストップモーション

中田彩郁コメント

やりたいことを散々やって、付け足しのように文字が出てくる作品が時々ある。しかしこの作品はそうではない。
カラフルで抽象的なモチーフが次々と前に重ねられていき、「まさか最後に前面に文字が出て終わり?」と思ったところで、カメラがPAN。上から見てもTECHNEになっている。それまで重ねられてきた変化するカタチに意味があったことが理解できる。
よく考えられ、設計された作品。