ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
さぬきドキっ!
  
7月   午後7:30~7:55   【再放送】 7月13日(土)午前7:35~8:00
12 「四国に鉄道 必要ですか?」

イメージ あなたの町の鉄道はなくなってしまうかもしれない。JR四国は今年、路線ごとの収支を初めて公表。すると、18線区中17線区が赤字。「列車を走らせれば走らせるだけ赤字が膨らむ」という深刻な事態が明らかになった。地域の鉄道を守るために、私たちに何ができるのか。番組では、各地の駅を盛り上げることで、鉄道の利用客を増やそうという「住民主体」の新たな取り組みを紹介する。

【ゲスト】
都留文科大学 准教授…鈴木健大 
【語り・司会】
NHK高松アナウンサー…大河内惇
※緊急ニュースの放送など予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
 ▼過去三ヶ月の放送一覧
  
6月   午後7:30~7:55   【再放送】 6月8日(土)午前7:35~8:00
7 「島をまるごと楽しむ!瀬戸内国際芸術祭2019」

イメージ 島々を訪ね、瀬戸内国際芸術祭の魅力をたっぷり紹介。「女木島」は"体験するアート!"。大人数で楽しめる卓球台や音楽を奏でるマッサージチェア、目の前に美しい海が広がるアートな美容室を堪能する。「豊島」は"島の暮らしを感じるアート!"。絶景を見ながら島の食材を使った特製弁当を堪能したり、遊具のない不思議な公園を訪ねたりする。「大島」では、ハンセン病の歴史を未来へつなぐアート作品や人々に出会う。

【語り】
大河内惇(NHK高松アナウンサー)
坂田智恵子
  
5月   午後7:30~7:55   【再放送】 5月11日(土)午前7:35~8:00
10 「どう向き合う?カラスと人間」

イメージ 香川でのカラス被害は年々増加している。ごみ置きが荒らされるのはもちろんだが、停電被害は平成28年には5千戸を超えた。電柱に巣が作られることが原因だ。今回、停電を防ごうと奔走する四国電力の取り組みに密着すると、カラスと人のいたちごっこの実態が見えてきた。被害が起こる理由を、カラスの生態"目の良さ""子ども思い""頭の良さ"からひも解いていく。最新のカラス対策とともに、簡単に実践できる対策法も紹介する。

【出演】
前野朋哉(俳優)
塚原直樹
(カラス対策製品ベンチャー企業 代表取締役)
大河内惇(NHK高松アナウンサー)
  
4月   午後7:30~7:55   【再放送】 4月6日(土)午前7:35~8:00
5 「讃岐の秘宝"衆鱗図"の謎に迫る」

イメージ 250年前に高松藩藩主・松平頼恭が作った"衆鱗図"は日本最古の本格的な魚図鑑。鯛や鯵など、鱗の一枚一枚まで正確に描き、色使いも鮮やか。まるで生きているかのような超絶技巧だ。作られた理由などはこれまで謎に包まれていたが、今回、衆鱗図を超高精細映像で撮影し、様々なことが少しずつわかってきた。作家の荒俣宏とさかなクンが、映像を見ながら技術の凄さを解明し、さらに好奇心旺盛な頼恭の人柄も紐解いていく。

【出演】
荒俣宏(作家)
さかなクン(東京海洋大学名誉博士)
てんライン
てんライン
NHKのサイトを離れます。



コピーライト