ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
ライン
お出かけスポット
お出かけスポット
お出かけスポット 地図
高さ33メートルの巨大なイチョウの木が見せる大迫力の紅葉に、紅葉と一緒に楽しめる秋スイーツ。
夜は、幻想的に浮かび上がる景色を楽しめる!
今回は、高松市・塩江町で、秋を満喫できるスポットを紹介します!
行基の湯
塩江町は、清らかで豊かな自然に囲まれた温泉地としても知られています。
奈良時代の僧・行基によって発見された温泉と言われており、およそ1300年の歴史を持ちます。

環境省が、泉質・まちなみ・歴史・風土など、一定の条件を満たした温泉地を指定する「国民保養温泉地」に 香川県内から唯一なっています。
近年では、外国人観光客も増えており、ゆったりとした雰囲気の中で、温泉と自然を満喫できます。
いちょう
そんな塩江町で今の時期おすすめなのが『岩部八幡神社』の境内にある高さおよそ33メートルのイチョウの木。

見ごろは、11月下旬から12月上旬。

散った後も、一面に黄色のじゅうたんが広がり、きれいです。
スイーツ
紅葉を見るだけではなく、「スイーツに」も楽しめます。

また、イチョウにちなんだ絵馬や、乾燥させたぎんなんが入ったお守りも人気です。
産直商品1
しおのえまちあかり
つづいて、数軒の旅館などが立ち並ぶ「塩江温泉通り」の夜!
11月には、「しおのえまちあかり」が開催されていました。

イチョウのライトアップ

塩江町でとれた竹をつかった灯りが、人々を幻想的な世界へと誘います。


ライトアップしているのは通りだけではなく、イチョウの木も。

イチョウのライトアップ

紅葉に、グルメに、夜景。
塩江町の秋がいい頃合いですよ~!
※番組およびこのページは特定の製品・店舗を推奨するものではありません。製品・サービスの特性や使用上の制限、契約内容・条件などについては、各自におかれまして、メーカーや販売会社に十分ご確認ください。
※なお掲載している情報は放送当時のものです。
ライン
NHKのサイトを離れます。
ライン
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ