ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
ライン
旬の食材
ディフェンバキア
香川県は、全国有数の「松盆栽」の産地!

きょうは、国内はもちろん、
海外でも人気の「盆栽」の魅力に迫りました。
おすすめの花
高松市西部にある鬼無町と国分寺町。全国有数の松盆栽の産地です。
水はけのよい土地や、雨が少なく温暖な気候などが、栽培に適していると言われています。

イメージ
でも、そもそも、「盆栽」って、どうやって楽しむものなのでしょうか?!
鬼無地区の盆栽農家・尾路悟さん訪ね、楽しみ方を教えてもらいました。

●尾路さんのコメント
「盆栽とは、鉢の上で自然の雄大さを表現している」
おすすめの花
 コサージュの作り方
イメージ
盆栽にも、表と裏がある。

幹模様(幹が描く曲線)がきれいに見える方が正面とされる。

 コサージュの作り方
イメージ
自然の雄大さや迫力を感じられる♪

 コサージュの作り方
イメージ
幹の皮がはがれそうなくらい荒れているのは、樹齢が古い証。
樹齢が古い方が、より、価値があるとされる。

イメージ
そして、一番のポイント、“盆栽の形”は、冬の間に作られます!

目指すのは、「長い年月を感じさせる姿」です。

日本庭園などにあるような何百年も生きている木をお手本にしています。
イメージ
木の枝が折れない程度に曲げ、姿を整えていきます。

見た目が決まる大切な作業。1つの盆栽におよそ半日費やします。
おすすめの花
イメージ
針金を木に沿わせて、テープで固定。
時間がたつと、テープも自然にはがれていきます。

イメージ
イメージ


自分の好きな形にしていきます。
≪盆栽情報≫
4月から、国分寺町に、盆栽をPRするための拠点施設「高松盆栽の郷」がオープン。
盆栽の展示、販売などのほか、苔玉やオリジナル盆栽づくりのワークショップなども予定。

みなさんも、盆栽のある生活を送ってみては、いかがでしょうか?
ライン
NHKのサイトを離れます。
ライン
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
▲ ページの先頭へ