ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2020年1月7日放送

オイスターチャウダー

食卓に、身体を芯から温めてくれる
「オイスターチャウダー」はいかがですか?

この時期おいしい「カキ」と、たっぷり野菜を使って、
家庭でも簡単に「オイスターチャウダー」が作れます!

材料

オイスターチャウダー(4人分)
カキ:16個
じゃがいも:1個
かぶ:1個
たまねぎ:1個
にんじん:1/2本
しめじ:1パック
ブロッコリー:1/4個

バター、小麦粉:各大さじ4
コンソメスープ、牛乳:各カップ2
塩・こしょう、チーズ、パセリ:各適量

お好みで生クリームやクラッカーを。
点線ライン

作り方

  1. はじめに、カキの下処理をする。
    塩水で、身を傷つけないように、やさしく、まわすような感じで洗う。
    カキについた汚れやぬめりがとれるまで、2.3回、水を変える。
    【ポイント1:カキはやさしく洗ってしっかり汚れを落とす】
  2. きれいに洗ったら、カキの水気をふきとり、塩こしょうをして、軽く小麦粉をまぶす。
    まぶすことで、焼いた時に、カキの身が縮みにくく、うまみが逃げにくい。
    カキの下処理はこれで終わり。
  3. フライパンでバター(大さじ2)を溶かし、カキの両面を軽く焼く。
    焼けたら、取り出す。
    再びフライパンでバター(大さじ2)を溶かし、1.5センチくらいに切った、たまねぎ・じゃがいも・にんじんを炒める。
  4. たまねぎがしんなりしてきたら、具材全体に小麦粉をふり、焦がさないように、弱火で、2~3分間炒める。
    この時、木べらをフライパンの底につけたまま、なでるように炒めると焦げにくい。
    【ポイント2:木べらを底につけて炒める→焦げ防止】
  5. 具材に火が通ったら、コンソメスープを入れ、よく混ぜ、スープ全体がなめらかになったら、かぶとしめじを加える。
  6. 野菜がやわらかくなったら牛乳を加え、ひと煮たちさせ、味を整える。
    煮立ったら、カキを入れる。
    カキは、はやく入れすぎると、身が縮んで、かたくなりやすい。
  7. 最後に、塩ゆでしたブロッコリーを入れる。
  8. 仕上げに、チーズ、お好みで、生クリームやクラッカーをかけ、パセリをのせたら
    「オイスターチャウダー」の完成♪
<十河先生からひと言>
柿カット
「オイスターチャウダー」は、ソースの固さを調整すると、グラタンやドリア、コロッケの具材にも変身させることができます。
作りすぎて、余ったときにも、
色々なアレンジメニューで楽しめるので、
ぜひ、試してみてください。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります