ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2019年11月12日放送

柿のクレープ

秋を代表する「柿」は、手に入りやすく身近な果物の一つです。
そんな柿をクレープと組み合わせ、洋風スイーツに仕上げます。

柿の特徴でもある「鮮やかな色合い」と「濃厚な甘み」がクレープにぴったり!
色や甘みを引き出す工夫もご紹介します。
柿の新たな楽しみ方の一つに加えてみませんか?

材料

柿のクレープ(2人分)
<クレープ生地>
小麦粉:大さじ4
牛乳:130ml
卵:1個
グラニュー糖・溶かしバター:各10g
バニラオイル:数滴

バター:12g
サラダ油:適量
(いずれもフライパン用)


生クリーム:60ml
グラニュー糖:小さじ1

柿:1個
グラニュー糖:小さじ1と1/2
ラム酒:小さじ1/2
バター:10g(ソテー用)

<トッピング>
キウイ:1/2個
チャービル・粉砂糖:各適量
点線ライン

作り方

  1. クレープ生地を作ります。
    ふるった小麦粉の真ん中にくぼみを作り、溶き卵、グラニュー糖、溶かしバターを加えながら混ぜます。
    バニラオイルを数滴いれた牛乳を少しずつ加え伸ばします。冷蔵庫で30分休ませます。
    【ポイント】休ませる→モチモチ食感
  2. 柿を、半分は1.5cm角のサイコロ状、半分は1.5cm幅の棒状にカットします。
    ●滑りやすいので注意!皮は最後にむきましょう。
    柿カット
    ~今回おすすめの切り方~
    1. お尻にある十字線に合わせて、縦半分に切ります。
    2. 3等分にします。ヘタのある方は切り落とします。
    3. お尻の方は種を切らないように切り込みを入れ、割り開くと、種が柿の実から取りやすくなります。

    切った柿に、グラニュー糖とラム酒をなじませます。
    クレープの中に入れる棒状の柿は、バター焼きして冷ましておきます。
    【ポイント】グラニュー糖・ラム酒→色・甘みが濃くなる。
          バター焼き→甘みが引き立つ。

  3. クレープを焼いていきます。
    ~クレープの焼き方~
    1. フライパンにサラダ油を薄く塗り中火で温め、生地を入れる前に少量のバターを溶かして香りを出します。
    2. 生地は底に固まりやすいため、よく混ぜてからフライパンに流し入れます。
    3. 流し入れたらすぐにフライパインを回し、生地が動かなくなるまで回し続けます。
    4. しばらく焼き、側面が乾いて立ってきたらひっくり返します。
    5. 裏側を軽く焼いたら取り出します。

    繰り返し4枚焼きましょう。
  4. のりを半分に
    盛り付けます。
    クレープ生地で、棒状の柿と生クリームを包みます。
    生クリーム、キウイ、チャービル、粉砂糖をトッピングします。
    「柿のクレープ」の完成です。
<山中先生からひと言>
グラニュー糖とラム酒をなじませた柿は、時間があるときは、バター焼きする代わりに半日ほどなじませておけば、柔らかくなりそのまま使うこともできます。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります