ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2019年5月28日放送

旬野菜のフリット

ふんわりとした衣に包まれた、香川県産の旬野菜、ジューシーな"アスパラガス"と、ホクホクの"そら豆"の「フリット」はいかがですか?

短時間で素材に火を通す「フリット」にすることで、
旬野菜のうまみとみずみずしい香りを味わえます。
フリットとは、ふんわりとした衣がおいしい、イタリアの揚げ料理。
衣を工夫して、手軽においしく作りましょう!

材料

旬野菜のフリット(2人分)
グリーンアスパラガス:6本
そら豆(さや付き):5本
牛乳:小さじ2
小麦粉:小さじ2
揚げ油:適量
レモン:適量
リーフミックス:適量
ミニトマト:適量
<衣>
小麦粉:35g
コーンスターチ:15g
炭酸水:50ml
マヨネーズ:10g
<パセリマヨソース>
おろし玉ねぎ:15g
マヨネーズ:小さじ2
きゅうり(みじん切り):適量
パセリ(みじん切り):小さじ1
リンゴ酢:小さじ2
塩:少々
お好みでハチミツ
点線ライン

作り方

  1. アスパラガスの皮が固ければ、ピーラーで皮をむきます。
    【ポイント:細長いものはまな板の上に置いて】
    揚げるフライパンの大きさに合わせて長めに切ります。
  2. そら豆は、さやから取り出し、薄皮の黒く色づく部分を爪でむきます。
  3. アスパラガスとそら豆に牛乳をふりかけ、しばらく置いておきます。
    【ポイント:牛乳に浸すと、青臭さがなくなる】

    その間にソースを作っておきます。
    ~パセリマヨソースの作り方~
    おろし玉ねぎとマヨネーズを合わせて、具材となるきゅうりとパセリを加え、
    味を見ながらリンゴ酢を加えます。
    塩少々、お好みでハチミツを入れて、味を調えます。
  4. 衣を作ります。
    粉を合わせて、マヨネーズに炭酸水を加え緩めたものを入れ、全体を混ぜます。
  5. アスパラガスとそら豆の水分をふき取り、小麦粉を全体にまぶします。
    衣をつけて、160度の油で1分程度揚げます。
    【ポイント:揚げ時間は短めに。→素材の食感や香りを損なわない】
    仕上げに、レモンとリーフミックスとミニトマトを添えます。

    「旬野菜のフリット」完成!
<山中先生からのひと言>
フリットという調理法だと、短時間でさっと火が通るので、素材本来のおいしさが引き立ちます。
他にも、鶏肉やズッキーニなどをフリットにするのもおすすめです。
火が通りにくいものをフリットにするときは、下ゆでしたり電子レンジにかけたりして、あらかた火を通してからフリットにすると良いでしょう。
ぜひ、試してみてください。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります