ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2018年9月11日放送

野菜ジュースでマドレーヌ

非常用持ち出し袋の中の非常食を
久々に確認したら、「賞味期限を過ぎていた」
なんてことが無いように
日頃の食事に上手に取り入れて、
定期的に入れ替えましょう!

今回使うのは「野菜ジュース」。
いろいろな野菜を一缶に凝縮しているすぐれもの。
もしもの時には、貴重な栄養を確保できる、とてもありがたい非常食です。
そのまま頂くのも、もちろん良いですが、 アレンジして、「マドレーヌ」を作ってみましょう。

材料

野菜ジュースでマドレーヌ(4個分)
卵:1個
砂糖:45g
野菜ジュース:大さじ3
溶かしバター:45g
ホットケーキミックス:100g

アーモンドパウダー:10g
アーモンドスライス:適量
あんずジャム:小さじ1
水:小さじ1
点線ライン

作り方

  1. 卵を割ってとき、ハンドミキサーで軽く泡立つまで混ぜます。
    軽く泡立ってから、砂糖を入れてさらに、泡立てます。
    ハンドミキサーが無い場合は、普通の泡立て器でもいいですが、出来るだけ、よく泡立てた方が、仕上がりの食感がふわっとします。
  2. ホットケーキミックスを数回に分けてさっくりと混ぜ合わせます。
    アーモンドパウダーも入れてさっくりと混ぜ合わせます。
    【ポイント】
    野菜ジュースのような水分を入れると、マドレーヌがふくらみにくくなります。
    ふくらし粉などが入っているホットケーキミックスを使うことで、手軽にふっくらと仕上げられます。
  3. 溶かしバターと野菜ジュースを加えて全体がなじむように合わせます。
    【ポイント】
    今回は4個分の分量で、野菜ジュースを大さじ3(45g)いれます。
    もし、野菜ジュース1缶(190g程度)を使い切りたい場合は、すべての材料を3倍程度にして12個程度作ってもいいです。
    まだ、少しジュースが残るので、焼きあがったマドレーヌにかけましょう。
    しっとりとした食感になって、一段と美味しくなります。
  4. 混ぜ合わせた生地を、マドレーヌのカップの8分目まで入れます。
    焼いたときにふくれるので、8分目までにしておきましょう。
    上に、アーモンドスライスをのせます。
  5. 160度のオーブンで17分ほど焼きます。
    アンズジャムを同量の水と混ぜたものを焼きあがったマドレーヌに塗りましょう。
    あんずジャムが無ければ、そのほかのジャムでも大丈夫です。
    「野菜ジュースでマドレーヌ」の完成です。
<山中先生から一言>
単なるお菓子じゃなくて、野菜の栄養も取れるのが嬉しいですね。
午後のティータイムやお子さんのおやつとしてお楽しみください。
「非常食」=「我慢して食べるもの」といった印象にならないよう、日頃から親しんで、「非常食」=「おいしい」という経験をしましょう。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります