ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2018年3月27日放送

いちごのムース
~さぬきひめで春気分~


マシュマロを使って手軽にふわふわ食感♪

香川県代表のいちごと言えばさぬきひめ。
みずみずしくて甘いさぬきひめを使ってムースを作ります。
砂糖の代わりにマシュマロを使って手軽に!
春の味覚を楽しむのにぴったりのふわふわデザートに仕上げます。

材料

いちごのムース(2人分)
スポンジ(ミニケーキ、カステラなど):30g
さぬきひめ:110g
マシュマロ:30g
レモン(しぼったもの):1/4個分
板ゼラチン:1.5g
牛乳:100ml
生クリーム:50ml

<飾り用の材料>
さぬきひめ、ブルーベリー、ミント:適量
ベリー系のジャム:小さじ2
点線ライン

作り方

  1. 直径約7cm×高さ6.5cmほどのガラスのカップの底にスポンジを入れます。
    丸い形のスポンジを使うと便利ですが、ない場合は丸い型などでくり抜いて調節してください。
  2. 濡らしたキッチンペーパーなどでいちごの表面を拭き、へたをとって薄くスライスしたいちごをカップの側面に張り付けます。
    【ポイント】
    キッチンペーパーで表面をふくことでいちごの表面についている毛のようなものがとれ、つやがでて見た目がより美しく仕上がります。
  3. 残りのいちごはミキサーにかけ、レモン汁を加えてピュレ状にします。
  4. 鍋に牛乳をいれて中火にかけ、沸騰させます。 
  5. 弱火にし、マシュマロをちぎって入れます。
    【ポイント】
    マシュマロには、砂糖やスターチ、卵白、ゼラチンが入っています。
    そのため、材料が少なく、簡単に美味しいムースができるんです。
  6. マシュマロがとけるまでゆっくりかき混ぜます。
    【ポイント】
    マシュマロは火加減を調節しないとすぐに吹きこぼれるので、火はなるべく弱めにして鍋の様子を見ましょう。
  7. ふやかした板ゼラチンの水気を絞って鍋に加え、さらに混ぜます。
  8. ボウルに移し替えて粗熱をとります。
    先ほどピュレ状にしたいちごをボウルに少しずづ加えていきます。
    あとで飾り用に使うので大さじ2程度ピュレをよけておいてください。
  9. 次に生クリームを八分立てに泡立てます。
    泡だて器で持ち上げたときに、生クリームの角がちょっと丸くなるくらいが目安です。
    先ほどのボールの中身を加えて全体を均一にしていきます。
  10. カップに流し入れて冷蔵庫で一時間ほど冷やして固めます。
  11. カップ1個に対していちごのピュレ大さじ1とジャムを合わせて上に載せます。
    ブルーベリー、ミント、いちごを飾りつけると、「いちごのムース」の完成です。
<山中先生からのひとこと>
この作り方はムース作りの基本なので、チョコレートや紅茶などを使って応用してみてください。 季節のフルーツを添えて食べてくださいね。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります