ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

料理レシピ

NHK高松放送局の番組で放送した
料理レシピをご紹介します。

使用したい食材、料理名などを入力してください。

2017年3月22日放送

ほうれん草のニョッキ トマトソース

もちもち!イタリアの家庭の味

おすすめポイント

おだんごみたいなパスタ「ニョッキ」。
もちもちとした食感、噛むと感じられる芋の甘みがおいしくて大好きだという方も多いのではないでしょうか。他のパスタなどに比べ、お店で食べるイメージがありますが、実はご家庭で簡単に手作りできるんです。
今回は旬のほうれん草を混ぜ込んで、見た目も鮮やかな一品を教えてもらいました。季節ごとの食材とあわせて楽しみたい絶品ニョッキです。

材 料

ほうれん草のニョッキ トマトソース(2人分)
ほうれん草:50g
じゃがいも:300g
小麦粉:75g
卵:1/2個
粉チーズ:大さじ2
トマトソース:150ml
オリーブ油:大さじ1
にんにく:1/2片
白ワイン:大さじ2
とうがらし:1/2本
バジル(生):適量

作り方

  1. ほうれん草をしっかりと洗い、ゆでます。
    【ポイント】
    シャキシャキ食感を残したいため、沸騰した湯に入れるときは、少しずつ入れるのがポイント。
    一気に入れると、お湯の温度が下がります。

  2. 鮮やかな色を保つため、ゆでた後、冷たい水に浸けます。1分ほど経ったら、よく絞って、みじん切りにしておきましょう。
  3. じゃがいもは、皮つきのまま4等分し、15分ほど塩ゆでします。
    【ポイント】
    皮つきだと、でんぷんが溶けだすのを防げます。
    じわっと火が通り、余分な水気が中に入らないので、ほくほくに仕上がります。
    ただし丸のままだと、時間がかかるので、4つ程度に割ると早く仕上がります。
    ゆであがりの目安は竹串を刺してみて、すっと通る位です。

  4. 皮をむいたらボウルに入れてつぶします。
    さらに裏ごしをすると、なめらかな食感に仕上がります。
  5. 溶いた卵に粉チーズを加えて混ぜます。
    つづけて、みじん切りにしたほうれん草、小麦粉の順に混ぜていきます。
    【ポイント】
    粉を混ぜる際は、捏ねないように合わせてたたむように。捏ねると粘りがでてしまいます。
    柔らかさは牛乳、味は塩で調整します。
  6. ひとまとめにして、直径およそ2cmの棒状にします。
    (半分の量で、長さは30cmほどになります。)
    分量外の小麦粉を打ち粉として使います。
    1~2cm幅に切って、丸めます。
  7. ニョッキをゆでるお湯を沸かしている間、ソースを作ります。
    ニョッキは早くゆで上がるので、先にソースを作っておきます。
    フライパンにオリーブ油、つぶしたにんにく、とうがらしを入れ、弱火にかけます。
  8. 香りが立ったら、黒くなる前にとうがらしを出し、トマトソースと白ワインを加えて温めます。
  9. 沸騰した湯にニョッキを入れます。浮いてきたら、フライパンで作ったソースに絡め、お皿に盛ると……
    「ほうれん草のニョッキ トマトソース」完成です。

<山中先生からひと言>

お好みで粉チーズや刻んだとうがらしを入れてもおいしいですよ!

新着レシピ

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります