ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2017年1月25日放送

【かきフライ】
濃厚なうまみを閉じ込めた一品!

「海のミルク」とも呼ばれる、栄養満点な「かき」!
海のミネラルをいっぱい吸い込んだかきは、うまみも抜群ですよね!
殻のまま焼く「かき焼き」、白菜など冬の野菜と一緒にいただく「お鍋」など、いろんな食べ方がありますが、今回は子どもから大人まで大好きな定番メニュー「かきフライ」を教えていただきました。
食感とうまみを損なわず、自宅でおいしく作れる方法をご紹介します。

材料

かきフライ(2人分)
かき:10コ
卵:1/2コ
小麦粉:大さじ5
水:大さじ2
生パン粉:食パン(5枚切り)1枚分
塩、こしょう:少々

《付け合せ》
キャベツ・トマト・レモン:それぞれ適量

【山中先生特製!トマみそ】
(比率として)
みそ:トマトケチャップ:中濃ソース=1:1:1.5
リンゴ酢・すりゴマ:少々




作り方

  1. ボウルなどにためた塩水(水カップ2.5に塩大さじ1程度)で、かきをすばやく優しく洗います。
    【ポイント】
    ひだの部分を優しく指でなぞるように洗います。
    時間をかけると、うまみが落ちてしまうため手早く洗いましょう。
  2. 洗ったかきをペーパータオルにとり、水気を切ります。
    【ポイント】
    水気が残っていると油がはねるのでしっかり!
    むき身は柔らかいので、優しく扱って、つぶさないようにしてください。
  3. かきに塩、こしょうで下味をつけ、小麦粉をうすく全体に付けます。
  4. 溶いた卵と小麦粉を混ぜ合わせ、水でとろみを調整します。
    【ポイント】
    小麦粉を加えると、とろみが出てかきにしっかりと絡みつきます。
    かきにまんべんなく衣をつけることができます。
  5. 卵液にかきをくぐらせ、パン粉をかけて包み込みます。
    【ポイント】
    使うのは、しっとりとした「生パン粉」。
    揚げた時に、含まれていた水分にかわって油を吸うので、衣がサクサクになります。
    一般的に乾燥パン粉より粒が粗いので、見た目も豪華に仕上がります。
  6. 180度の高温の油で表面が色づくよう揚げます。
    揚げているときは箸で突かないようにしましょう。
  7. キャベツ・トマト・レモンと一緒に盛りつければ……
    サクサク衣の「かきフライ」、完成です!
    山中先生特製のトマみそ・レモン・タルタルソース……お好みの味で召し上がれ!
<山中先生からのひとこと>
おいしく揚げるコツと大切な箇所をおさらいして、楽しくおいしいカキフライを作ってください。揚げものは油の処理など面倒に感じてしまいがちですが、揚げたてが一番おいしいので、ぜひ家庭で作ってみてほしいです。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります