ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2016年12月7日放送

【パンプディング】
パンをカスタードソースに浸し、上にフルーツを飾り付けてオーブンで焼き上げるデザート。今回は「パンプディング」をクリスマスのデコレーションで楽しみます。

クリスマスのデザートと言えば「ケーキ」が定番ですが、見た目が華やかで簡単に作れる「パンプディング」もクリスマスデザートにおすすめ!
特別な材料はなく、身近な食材ばかりで作れるのも魅力の一つです。
手作りならではの熱々で食べるのもいいですし、冷やして生地がしっとりした状態で食べるのもおいしいですよ!

材料

パンプディング(4~5人分)
卵(L) :2個
牛乳:300~400cc
砂糖:60g
バニラオイル(またはバニラエッセンス) :少々
5枚切り食パン:1枚
バナナ、キウイ、みかん、プルーン、パイナップル、いちごなどお好みの果物:適量

(飾り付け)
粉砂糖、チョコレートシロップ、金ぱく、クリスマス飾りなど
(道具)
パイ皿(20センチ)やココットなど耐熱の容器

作り方

  1. ボールに卵を入れ、よくときほぐしておく。
  2. 少し温めた牛乳に砂糖を加えてとかし、(1)に加える。
    【ポイント】
    牛乳は温め過ぎると卵が固まってしまうので、砂糖が溶ける程度に温める。
  3. (2)にバニラオイルを入れる。こして、なめらかにしておく。
    <バニラオイルとは?>
    よく耳にする「バニラエッセンス」はバニラの香り成分をアルコールに溶かしたもの。今回使う「バニラオイル」はバニラの香りをオイルに溶かしたものです。バニラオイルの方が香りが飛びにくく、今回のような熱を加える料理にはピッタリです。
  4. 食パンは1.5センチ角、フルーツは小さく切っておく。
    フルーツの大きさを揃えて切ると、飾りつける時に見た目良く仕上がる。
  5. パイ皿に薄くバターを塗って(2)を入れ、パンを浸す。
    その上に、フルーツを彩りよく散らす。
    いちごはオーブンで加熱すると変色するため、焼き上がった後に飾る。
  6. 天板に布巾を敷いてパイ皿をのせ、器の高さの1/2程度までお湯を注ぐ。
    180度に余熱したオーブンに入れて18~20分蒸し焼きに。
    そのまま7~8分おいて最後は余熱でじっくりと火を通す。
    【ポイント】
    天板と皿の間に布巾をはさんだり、お湯をはったりすることで、温度が上がり過ぎず、なめらかな食感に仕上がる。
  7. いちごを飾り、粉砂糖やチョコレートシロップ、金ぱくなどでデコレーションして「パンプディング」の完成!

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります