ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です

2016年2月24日放送

イイダコのトマト煮

卵のプチプチとした食感がおいしい、
旬のイイダコ!
地中海風のトマト煮でおしゃれに
おいしくいただきます!

イイダコは、メスが胴体に詰めた「卵=飯(いい)」が特徴ですよね!プチプチとした食感がとてもおいしいです。煮物や天ぷらなど「和食」でいただく方が多いと思いますが、今回は休日のブランチ・ワインのお供におすすめの「イイダコのトマト煮」を教えていただきました。
少ない材料とシンプルな手順でできるのに、おもてなしにもぴったり!
地中海風のメニューでまるでリゾート地で食事をしているようなゆったりとした気分になれます!
ぜひ作ってイイダコの旬の味を堪能してください!

材料

イイダコのトマト煮(2人分)
イイダコ:3~4匹
オリーブ油:大さじ2
トマトの水煮:100g
たまねぎ:1/4個
白ワイン:50ml
にんにく:1片(ひとかけ)
とうがらし:1本
塩・こしょう:少々

水:1カップ
コンソメ(固形):1/2個
ローリエ(乾燥):1枚
パセリ(みじん切り):適量
フランスパン:4切れ
点線ライン

作り方


    <イイダコの下ごしらえ>
  1. 墨袋を外したイイダコを沸騰した湯に入れ、さっとゆでます。
    ★まず足先を湯につけて少し巻いてから湯に入れると、きれいな形に巻きあがります!
  2. 色が変わってゆであがったら冷水に取り、流水で洗い流します。
  3. 胴と足を切り分け、目をそぎ落とすように切ります。
    足の中心にある「からす口」を串で取りましょう。
    ★串をからす口に対して垂直に刺すととりやすくなります!

  4. <煮汁作り>
  5. にんにくは皮をむいて包丁でつぶします。
    とうがらしは種をとっておきます。(種部分が辛いので)
  6. 鍋にオリーブ油をしき、にんにくととうがらしを入れて香りをつけます。
    弱火だとゆったりと全体に香りがつきます。
    焦がさないように気をつけ、しばらくしたら取り出します。
  7. 中にトマトの水煮・白ワイン・水・固形コンソメ・ローリエ(乾燥)・すりおろしたたまねぎを加えます。このときも弱火で、軽く沸かせる程度にします。
  8. 先ほど下ごしらえしたイイダコの胴を入れます。
    10分ほどの蒸し煮が済んだら、足を加え、引き続き3分ほど蒸し煮します。
    ★火が通るスピードが違うので分けましょう。
  9. そのまま鍋ごと冷まし、煮含めます。
    煮てから冷えていく過程で味がしみ込んでいくんですよ。
  10. 器に盛り、パセリのみじん切りをふります。
  11. 食べるときは軽く温め、トーストしたフランスパンを添えます。
    「イイダコのトマト煮」完成です!
<山中先生からひとこと!>
取りだしたにんにくととうがらしにオリーブ油を加えてフランスパンにかけたり、スープにパンを浸して食べるととてもおいしいですよ!

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります