ここからNHK高松放送局ホームページ内のリンクボタンです
読み上げブラウザ用メニューに戻ります
ここから本文です
料理のイメージ

2015年2月18日放送

白菜の重ね蒸し

冬においしい時期を迎える白菜。
「白菜と言えば鍋」とワンパターンになっていませんか?
一味違った白菜料理はいかがでしょうか。

点線ライン

材料

白菜の重ね蒸し(4人分)
白菜:10枚
豚肉(薄切り):200g
卵:1個

《豚肉の下味》
酒:大1
塩:少々
しょうが汁:小1

《あん》
かにの身:40g
三葉:少量
ガラスープ:300cc
酒:大1
みりん:小1
薄口しょうゆ:小1
塩:適量
こしょう:適量
水溶きかたくり粉:適量
点線ライン

作り方

  1. 白菜は2分ほど蒸し茹でにしてザルに広げ、塩をふって冷ます。
  2. 冷ました後、水気を絞っておく。
    【ポイント】
    味付けが水っぽくならないよう しっかり水気を絞る
  3. 豚肉に、酒、塩、しょうが汁で下味をつける。卵は溶いておく。
  4. 丼または小さめのボールにラップをしいて、白菜を広げるように敷き、
    溶き卵→豚肉→溶き卵→白菜の順に重ねていく。
    白菜と豚肉の間には溶き卵が来るように。

    これを繰り返して、最後は残った卵を流し入れる。
    丼のフチからはみ出した白菜は内側に折りたたむ。
    その上からラップをふんわりとかける。
  5. よく蒸気の上がった蒸し器に入れ、中火でおよそ20分。
  6. (あんを作る)
    小鍋にガラスープ、酒、みりん、薄口しょうゆ、塩、こしょうを入れ、
    水溶き片栗粉でとろみを付ける。
  7. 蒸しあがったら上のラップをはずし、大皿をかぶせてひっくり返して取り出す。
    丼の底に敷いていたラップもはずして、切り分ける。
  8. あんを白菜にかけて、きざんだ三葉を散らして完成。


料理のイメージ

白菜とほうれんそうのごまだれ

点線ライン

材料

白菜の重ね蒸し(4人分)
白菜:4枚
ほうれんそう:1/2束
かにかまぼこ:2本
しょうが:少々

練りごま:大1
酢:大1
しょうゆ:大1
砂糖:大1・1/2
点線ライン

作り方

  1. 白菜を蒸し茹でにして塩をふり水気を絞るところまでは、先ほどの手順と同じ。  
    ほうれんそうは塩ゆでして冷たい水で冷やした後、しっかり水気をきっておく。
  2. 巻きすに白菜を根元と葉先が交互になるようにおき、ほうれんそうとカニかまぼこを芯にして、固く巻いていく。タテにして水気をしっかり絞ってから2センチ幅に切る。
  3. 練りごま、酢、しょうゆ、砂糖をよく混ぜたごま酢じょうゆを小鉢に敷き、白菜巻きをのせ、細く切ったしょうがを盛り付けて完成。

ページトップへ

読み上げブラウザ用メニューに戻ります