記事投稿:鈴木 悠

2019年12月02日 (月)第7回 アナウンサー・キャスター図鑑

こんにちは。気象予報士の鈴木悠です。

月1で高松放送局のアナウンサー・キャスターの魅力に迫る

高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑」!

第7回は、意外?とコスプレもこなしちゃう!

お茶目な一面があるこの人!

201911_1.JPG


伊丹新アナウンサーです!

(以下、鈴⇒鈴木、伊⇒伊丹アナ)

 

鈴:第6回の瀬戸アナから似顔絵で指名です!

  率直に、似顔絵を見た感想を教えてください。

伊:上手だねぇ、すごいねぇ!

鈴:似ていますよね!私は、優しいお父さんの雰囲気がとても似ていると思いました。

伊:私の尊敬する、高松市出身の菊池寛にも似ているかなぁ!?

鈴:にっ、似ていると思います(困)

  以前、朗読会で菊池寛のコスプレをしていましたよね。

伊:私は菊池寛が大好きで、

  困ったときは「菊池寛ならどうするか」と考えて行動しているんですよ!

鈴:そうなんですね!

  私もたった今、実践してみようかな!(困)

201911_2.JPG

鈴:伊丹アナは、アナウンサー何年目ですか?

伊:昭和63年入局なので…31年目ですね。

鈴:おぉ、私は昭和63年生まれの31歳なんです。

伊:はぁー…(遠い目)

  自分でも、もうこんなにやってきてしまったのかと思いますね。

  この仕事は、やればやるだけ難しいなぁと感じています。

鈴:伊丹さんのようなベテランでも、そう感じることがあるんですね。

伊:年を取ると経験がある分、原稿の中身を考えすぎてしまうことがあります。

  考えすぎると読んでいるときに間違えるし、

  考えていないと聞いてくださっている方に伝わらないし…。

鈴:その気持ち、私も分かる気がします。

伊:いくつになっても、日々勉強ですね。

鈴:私もその姿勢を見習います。

 

鈴:伊丹さんはなぜアナウンサーの道に進んだのでしょうか?

伊:ラジオが好きで、ラジオの仕事に関わりたかったからです。

  小学生のころから、ずっとラジオを聞いて育ちました。

  中学生では、NHKの語学講座のラジオ番組を聞いて、英語の勉強をしていましたよ。

  すると、英語の成績が伸びて、ますますラジオが好きになりました。

  「外国に行ったこともなければ、外国人に会ったこともないのに、

  NHKの語学講座ラジオを聞くだけで成績があがるなんて、すごい!」

  と当時、感動したことを覚えています。

  だから、多くの人にラジオの魅力を伝える仕事がしたいと考えました。

  初めは、本当はアナウンサーではなく、

  ラジオのディレクターやプロデューサーになりたかったんですよね。

鈴:へぇー!そうだったんですか!

伊:NHKに面接を受けに行ったら、

  面接官の方から、NHKのラジオは昔からある部門で、

  昔から多くはアナウンサー出身者が作っていると教えてもらったんです。

  「ラジオのディレクターやプロデューサーを目指しているなら、

  アナウンサーなんてどう?」

  と面接で言われて、ラジオ番組に関われるなら、とアナウンサーになりました。

  当然、もともとアナウンサーを目指していたわけではないので、

  とても苦労しましたが、結果的にはラジオ番組に関わることもできましたよ。

鈴:では、夢が叶ったわけですね!

201911_3.JPG

伊:NHKでアナウンサーをする中で、違う夢も見つかりました。

鈴:それは何でしょうか?

伊:地域で頑張っている人を1人でも多く紹介したいということです。

  私の親戚で、大きな土木工事に関わる仕事をしている人がいたんです。

  その人が、水中ブルドーザーに深く関わった人物で、

  実は瀬戸大橋の建設にも大きく影響しているんです。

鈴:え!すごいですね!

伊:その人の話を聞くと、「地域のために頑張りたい」という気持ちが

  原動力になっていると教えてもらいました。

  私も地域のために頑張る人になりたい。

  では、アナウンサーでできることは何か?そう考えたときに、

  「地域で頑張っている人を紹介することができる」と思いました。

鈴:地域で頑張る人を、その地域や全国に発信することで、

  地域貢献をしたいということですね。

伊:はい!特に私は「おしゃべり」だから向いているかなと思って(笑)

 

伊:だからこそ、香川県では菊池寛をもっと多くの人に知ってもらいたいんです。

鈴:地域で頑張った偉人ですもんね!

伊:それだけではなく、菊池寛を通して、

  「香川県民は友情を大切にする」ということを伝えたいんですよね。

鈴:というと?

伊:菊池寛は家が貧しかったので、学費も生活費も香川県出身の友人の家族に

  出してもらっていた時期がありました。

  「大島が出来る話」として小説にもなっています。

  菊池寛を語る上で、「友情」は欠かせません。

  調べていくうちに、これはなにも菊池寛個人だけの話ではなく、

  香川県民全体に通じることだということが分かったんです!

鈴:そうなんですね!私も調べてみようと感じました。

 

201911_4.JPG

鈴:伊丹アナは、休みの日は何をしているんですか?

伊:高松市昭和町の菊池寛記念館に行って、可能な限り勉強をしています。

 

鈴:放送局のホームページでは、趣味が水彩画ということですが?

伊:小さいころから、うまくはないけれど絵を描くことが好きですね。

  風景を描くことが多く、10分でデッサンを描いて、10分で色を付けます。

鈴:そんな短い時間で描くんですね。

  絵を描くのが好きとのことで、次の人の似顔絵を描いてください。

伊:えー!風景しか描かないから、人物画は不得意なんだよなぁ…。

----(うまくいかんな…どうしよう…と苦戦しながら似顔絵を描く伊丹アナ)----

201911_5.JPG

伊:では、次回はひたすら美しくエレガントなこの人で!

鈴:「スミマセン」のメッセージ付き(笑)

  伊丹アナ、きょうはありがとうございました!

伊:ありがとうね!

 

次回はイラストのように、大きくてキラキラした瞳が特徴的なあの人です!

お楽しみに!

 

鈴木悠


投稿時間:14:23 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲