記事投稿:鈴木 悠

2019年07月10日 (水)第3回 アナウンサー・キャスター図鑑

こんにちは。気象予報士の鈴木悠です。

月1でお届けする

高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑」!

第3回は、ダンディ・ボイスが素敵なこの人!

3_1.JPG


谷口慎一郎アナウンサーです!

(以下、鈴⇒鈴木、谷⇒谷口アナ)

 

鈴:どうぞよろしくお願いします!

  前回の上沼キャスターから、似顔絵での指名です。

谷:どうして私なのかは分かりませんが、似てますか?

鈴:優しそうな目元がそっくりです!

谷:優しそう!?(笑)

鈴:やっ、優しい!(笑)

谷:もしかして・・・きょうは私も絵を描きますか!?

  あまり絵が得意ではないのですが・・・。

鈴:「画伯」なんですね!?それは、あとのお楽しみです!

3_2.JPG

 

鈴:谷口アナは、アナウンサー何年目ですか?

谷:16年くらい・・・ですね。

鈴:アナウンサーを目指したきっかけは何だったのでしょうか?

谷:きっかけは、中・高と取り組んでいたブラスバンドです。

  私はずっとチューバをやっていて、

  NHKの「ブラスのひびき(現在は吹奏楽のひびき)」という番組が好きでした。

  吹奏楽の番組って、当時はほとんどなかったんですよね。

  この番組を通して、少数でも必要としている人がいれば

  放送を出すことに感銘を受けました。

  それはとても重要なことだと考えて、NHKを志望しました。

  また、元々しゃべるのが好きだったんです。

  学生時代は塾の先生をしていた経験もあります。

  自分の言葉で伝えることが好きなんでしょうね。

  テレビの世界を志したときに、自分の声と体と言葉を使って人に伝えられるのは

  アナウンサーだと考えて、NHKのアナウンサーを目指しました。

 

鈴:谷口アナは声も渋くて、アナウンサーにはぴったりですよね。

谷:ありがとうございます。

  そう言っていただけるのはとても嬉しいのですが・・・。

  自分では、あまり自分の声って好きじゃないんですよね。

鈴:え!?そうなんですか!?こんなにかっこいいのに!

谷:自分では、もっとハツラツとした元気な声がいいなぁと思うことがありますね。

  ないものねだりなのかもしれません。

鈴:私は谷口アナの声が羨ましいです!意外な一面でした。

3_3.JPG

 

鈴:谷口アナは香川に来て4ヶ月ほどですが、香川でやってみたいことは何ですか?

谷:前任地は愛媛県だったので、あまり香川県に初めて来たようには感じません。

  今回の転勤を期に、長く四国に関わることができると考えます。

  なので、四国4県の魅力を伝えると共に、その中で香川の魅力を見つけたいです。

  また、アナウンサーになるきっかけでもお話しましたが、

  香川県の中で、大多数の分野ではないかもしれないけれど、

  頑張っている人や困っている人の活動を伝えたり、

  支援したりできればと考えています。

 

鈴:プロフィール欄に、座右の銘は「あしたできることはあした!」とありますが、

  これはなぜですか?

谷:実は、新人のころの反省がきっかけです。

  初めての中継の前日、緊張と不安でいっぱいだったこともあり、

  コメントを覚えようと何度も何度も反復。

  しかし当日、寝不足だったからか、あんなに必死に覚えたはずなのに、

  中継の途中で頭が真っ白になってしまって・・・。

鈴:!!!!

  想像しただけで怖い!(笑)

谷:中継自体はなんとか無事に放送できましたが、取材に協力してくださった方が

  たくさんいらっしゃる中で、とても申し訳ないことをしたと猛反省をしました。

  それ以来、無理はしない!本番に向けてちゃんと休むことも大事だと考え、

  座右の銘が「あしたできることはあした!」になりました。

鈴:休息は大事ですよね。

  筋肉も、ちゃんと休みを取らないと大きくなりませんもんね!

谷:そ、そうですね(困)

 

鈴:では、次回のゲストをお得意の絵で指名してください!

:絵は苦手って言ったのに!

3_4.JPG

----(あれ?うーん、あれ?と苦戦しながら似顔絵を描く谷口アナ)----

 

谷:では、新人話のつながりから、この人でお願いします!

鈴:思ったより上手です(笑)

  谷口アナ、きょうはありがとうございました!

谷:ありがとうございました!

3_5.JPG

 

この流れるような素敵な前髪は誰でしょうか?

第4回もお楽しみに!

 

鈴木悠


投稿時間:11:47 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲