記事投稿:鈴木 悠

2019年05月15日 (水)ブログ新企画!始動!

こんにちは。気象予報士の鈴木悠です。

せっかくアナブログを書く機会をいただきましたし、高松放送局には魅了的な人がいーーーっぱい!

そんな魅力を多くの方に共有したい。

熱い想いから、新企画を始めます!

IMG_0648.JPG

 


その名も・・・高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑

今月から月に1回ブログを通して、アナウンサーとキャスターの素顔に迫ります。

記念すべき第1回のゲストは、大河内惇アナウンサーです!

(以下、鈴⇒鈴木、大⇒大河内アナ)

 

鈴:よろしくお願いします!そんなにおびえないでください!(笑)

  まず、アナウンサーになろうと思ったきっかけを教えてください。

大:なんだか、就職面接みたいですね(笑)

  きっかけは、頑張っている人に会いたかったからです。

  テレビ局では、老若男女問わず、頑張っている人に会って取材をすることができます。

  特にアナウンサーは、自分で取材したことを、自分の口で伝えることができます。

  NHKでは、他のテレビ局よりその機会が多くあると感じたので、NHKのアナウンサーになろうと考えました。

 

鈴:今は、アナウンサーになって7年目、香川に来てからは3年目ですよね。

  香川県で、当初の夢は叶えられていますか?

大:もちろん、叶えられています!私は4歳のころからピアノをやっていて、音楽で頑張っている方を取材する夢がありました。

  香川県には、世界で活躍する音楽家の方がたくさんいらっしゃいます。

  香川出身の素晴らしい音楽家の方々を取材し、

  音楽に対する考え方や伝え方を知ること、それを香川の皆さんに発信することに喜びを感じています。

IMG_0649.JPG

鈴:大河内アナのお宅にお邪魔したことがありますが、今もご自宅にピアノがありますね?

大:あります。あれは、実は小学生のころに両親が買ってくれた電子ピアノなんです。

  就職をして家を出るときに、一緒に持ってきました。

  ピアノを始めたきっかけは、ただ両親に言われて始めただけなのですが、

  ピアノの先生が、練習曲ばかりではなく、好きな曲を弾かせてくださる先生だったので、大学4年生まで楽しく続けることができました。

鈴:今でも自宅でピアノを弾くことはありますか?

大:最近は、あまり弾けていないです・・・。

鈴:では、今度はご自宅での大河内アナ・ピアノリサイタルの開催を期待します(笑)

IMG_0651.JPG

鈴:香川で、これからやってみたいことはありますか?

大:香川に来て3年目で、初めて瀬戸内国際芸術祭の年になります。

  仕事でもプライベートでも、瀬戸芸を楽しみたいと考えています。

 

鈴:瀬戸芸は私も楽しみです!大河内アナはピアノを20年以上やっていたんですよね?

  ”芸術”つながりで・・・私の似顔絵を30秒で描いてください

大:え!無茶振りじゃないですか!?(笑)

 (と言いつつ、紙とペンを渡すと似顔絵を描いてくれる優しい大河内アナ・・・)

大:できました!

鈴:実物より男前に描かないでください!(笑)

IMG_0650.JPG

鈴:「高松放送局 アナウンサー・キャスター図鑑」第1回のゲストは、

  大河内惇アナウンサーでした!ありがとうございました。

大:ありがとうございました!

 

第2回も、お楽しみに!

鈴木悠


投稿時間:11:18 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲