記事投稿:伊丹 新

2020年01月07日 (火)ラジオで大人について考えてみませんか

ラジオで大人について考えてみませんか?

 

2020年1月13日(月・成人の日)

午前7時40分から55分まで ラジオ第一放送

四国ブロックで、「特集 四国を読む」が放送されます。

(らじるらじる では 全国で聞くことができます。)

今回の朗読作品は、菊池寛の「大島が出来る話」です。

作品のテーマの大島とは大島紬のこと。

生活が苦しい主人公の男性は、あることの代償に高価な大島紬の着物を手に入れます。

そのあることとは・・・

 

 


モデルは菊池寛自身。若いころ裕福ではなかった菊池寛は、

祖父が同郷の親友の両親に学費・生活費・就職・奥さんの世話までしてもらいます。

高価な大島紬の着物を男女ともに持つことが戦前の日本人のあこがれでした。

妻はなんとか主人に大島を着てほしいのですが、その余裕はありません。

ある日、突然、親友の母親が急死します。

主人公は、即座にかけつけます。

何の恩も返せなかったと主人公は悲嘆にくれます。

しばらくして、夫人は、亡くなる日の朝、デパートで、主人公の

生まれたばかりの赤ん坊のために「産着」を買って準備してくれていたことを知ります。

その後、夫人の家から思わぬ贈り物が、主人公のもとに送り届けられます。

はたしてそれは・・・

 

夫人への恩返しにと思いをこめて書いたこの小説。

先に都会に出て成功した同郷の先輩が、優秀な後輩の成功を可能な限り支援する。

戦前の古き良き日本の伝統が強く感じられる作品です。

同時に、私利私欲でなく、他人の幸福に努力を惜しまない戦前の

日本人の心の美しさにも感動します。

大人になるとは、どういうことか?

深く考えさせてくれる作品です。


投稿時間:10:08 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲