記事投稿:松下 悠里

2019年03月29日 (金)3年間、ありがとうございました!

 

この度、香川を離れることになりました。

香川県の皆さん、本当にありがとうございました。

_20190330_040419.JPG


 

慣れ親しんだ地元を離れることは、不安と淋しさもありますが、
今は、ふるさとへの愛おしさで、とにかく胸がいっぱいです。

3月1日放送の最後の「おじゃまします」では
今年度で閉校となる、三豊市の
大浜小学校の子供たちに会いにいってきました。

P1060817.JPG

 

また、22日放送の悠ゆう天気では、
クイズ対決で最下位となった補習(バツゲーム…)として
鈴木悠さんと防災センターで暴風体験をしました…!
1553224507765.jpg

1553224497416.jpg 

29日放送の香川がイチバン!は
今、大忙しの讃岐ちょうちんのお店へ。
1553885981352.jpg


最後まで、香川の魅力に触れることができた日々でした。
合間には、女性メンバーでラストlunchも楽しめましたよ♪
1553821878483.jpg

 

さて、この、最後のご挨拶の
ブログを書いていても、まだ実感はわきません。 

ゆう6かがわのキャスターになりたいと思って、
3年前、ふるさと香川へ帰ってきました。
生まれ育った場所で、この仕事ができたことを、
本当に幸せに思っています。
大好きな場所、大好きなもの、
会いたい人がたくさん増えた、そんな3年間でした。

初めてキャスターとしてスタジオに立たせていただいた時、
香川の魅力を再発見するだけではなく、
皆さんに、ちょっと立ち止まって、一緒に考えてもらいたい、
そういったニュースもお伝えしていけたらと宣言をしました。 

ゆう6かがわが、毎日の生活に、
嬉しい!楽しい!といった彩りだけではなく、
深みも、きちんとお届けできる、
そんな存在に少しでもなれていたら嬉しいです。

DSC_1145.JPG


街で「いつも見よるでー」と声を掛けてくださった皆さん、
取材や中継に協力してくださった皆さん、
そして毎日、18時10分、ゆう6かがわに
チャンネルを合わせて、テレビを通して出逢ってくださった皆さん、
皆さんのお陰で、「ゆう6かがわ」があります。
皆さんがいて初めて、この番組は「ゆう6かがわ」になると、思っています。
有事の時に、命を救える放送がしたいと思って、ここにきました。
でも、本当に大切なものは、毎日の生活の中にあった気がします。 

全国に発信したい、世界をまたにかけたい…
そんな大きな夢があればいいのですが、
私はこういった気持ちは持ち合わせていませんでした。
ただ、友達に話すように、家族に話すように、
香川のことを、香川中の方に伝えたい、と思っていました。
井の中の蛙かもしれませんが、もし、
「一隅を照らす人」に近付けたのであれば、それで十分幸せです。

DSC_1168.JPG

プロフィール欄の、これまで印象に残った仕事には、
“きょうの「ゆう6かがわ」”と記していました。
日々放送に携わっていると、
ふとこの毎日がずっと続くような気持ちになるのです。
きょうしかないニュース、
きょうだから伝えられるニュース…様々ですが、
皆さんにとって、自分にとって、
特別なきょうであっても、普段のきょうであっても、
1日1日を、いつも新鮮な気持ちで、
浮き沈みすることなく、まっすぐ伝えたい。
毎日、"きょうの「ゆう6かがわ」がイチバン!"と
いえる番組を目指します。  と書きました。 

この3年間は、私にとってかけがえのない時間となりました。
夢が叶った一瞬一瞬は、間違いなく、一生の宝物です。 

DSC_1162.JPG

私はきょうで最後となりますが、これからは皆さんと一緒に、
ゆう6かがわを応援していきたいと思っています!

3年間、本当にありがとうございました^^ 

                         松下悠里

 


投稿時間:19:30 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲