2020年7月21日

記事投稿:伊丹 新

2020年07月21日菊池寛は、どんなときに乗り物で席をゆずったのか?

今からおよそ100年前、菊池寛30歳のころ「我鬼」という作品を書きました。

作者には、電車にのりはじめたころ、座席をゆずる相手について、自分なりの決まり「内規」がありました。

60歳前後のお年寄り。子供を背負っている人。外国婦人。荷物を背負っている人などです。

しかし、だんだんそれがおっくうになってきます。

ある日、老婆が近くにつり革につかまって立っていることに気づきます。

自分も立っているので席はゆずれません。

どうしたものかと思っていると老婆の前の席が突然3人分空きます。

すると思いがけない行動に作者は出ます。

その行動とは。


【続きを読む】

投稿時間:12:58 | 固定リンク | 

ページの一番上へ▲